いつでも揚げたて♪ 卓上フライヤーの選び方&おすすめ10選

温度管理や油はねを気にせず、初心者でも簡単に揚げ物が作れるフライヤー。今回は、コンパクトで自宅でもお手軽に使用できる卓上フライヤーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。サイズ別にわけてご紹介するので、用途に合わせて選んでくださいね。

2019年4月19日 更新

卓上フライヤー(電気フライヤー)とは

卓上フライヤーのメリットはなんといっても、場所を取らずに本格的な揚げ物を楽しめること。テーブルにおいて使えるので、ホームパーティーにも便利です。卓上タイプなら、使わないときの収納にも困りません♪

ただし、コンパクトであることから一度に揚げることのできる量が限られてしまいます。また、機種によってはお手入れがメンドウなものもあるので注意してください。

卓上フライヤーの選び方

大きさと容量の目安

ご家族の人数によって、卓上フライヤーのサイズを選びましょう。目安は、ひとり暮らしの方やお弁当に入れる揚げ物を作る程度なら0.5Lでも十分です。2から4人用なら1.0L前後のものが便利。

一度に5人分以上の分を揚げたいなら、2L以上の大容量タイプを選ぶとよいでしょう。

揚げ方と機能性

フライヤーには油で揚げるタイプと、油の代わりに熱風を使うタイプの2種類あります。油で揚げるタイプは、コンロで揚げるのと同じような仕上がりになることが魅力です。

熱風で揚げるタイプはヘルシーですが、コンロで揚げたものとは仕上がりが少し異なります。揚げ物以外の料理にも使えますが、価格は1万円くらいから。

お手入れ方法にも注目

フライヤーの内鍋や網は、取り外せるタイプと取り外せないタイプがあります。取り外せるタイプは丸洗いできて、お手入れが簡単取り外せないタイプではペーパータオルなどでふきとらなければならず、お手入れが少しメンドウになるかもしれません。

揚げ物をする頻度が高い方は、内鍋を取り外せるタイプか、内鍋がフッ素加工されていて汚れがこびりつきにくいものがおすすめです。

コンパクトで使いやすい!小型卓上フライヤー5選

1. 温度調整もラクラク!「クイジナート 卓上フライヤー」

コンパクトながらも容量は1Lあるので、3から4人分の揚げ物も余裕で作れます。温度を細かく設定できるので、とんかつや天ぷら、串揚げなどさまざまな揚げ物を失敗なく作れて便利。料理が苦手な方でも、これなら気軽にチャレンジできますよ。

2. キュートなデザイン♪「レコルト ポットデュオ エスプリ」

テーブルに置いておけば気分があがる、キュートなデザインのマルチクッカーです。容量は0.5Lで、お弁当作りにも重宝します。揚げ物以外にも、煮物や焼き物、蒸し物までいろいろ活用できるので、ひとり暮らしを始める方へのお祝いにもおすすめですよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう