お弁当作りをはじめる人に。気をつけておきたい10のこと

春から「お弁当作りデビュー」という方もたくさんいらっしゃるかと思います。どんなお弁当を作ったらよいか、ちゃんと時間どおりに作れるのかなどの不安も多いことでしょう。そんな方のために「10の基本ポイント」をご紹介!これからのお弁当作りにぜひ役立ててみてくださいね♪

2019年3月29日 更新

初めてのお弁当作りは不安がいっぱい!

わっぱの弁当

Photo by macaroni

この春から、お子さんの通園・通学弁当や、夫弁当、もしくは自分弁当を作り始める人も多いと思います。とくに「お弁当作りはまったく初めて……!」という方は、不安だったりドキドキしたりしてしまっているかも。

そこで、お弁当作りをするために知っておきたい「基本の10のポイント」をご紹介します。

この基本さえ押さえておけば、あとは楽しみながらお弁当を作るのみ!すでにお弁当作りをしている方も、これを機会にまたフレッシュな気持ちで作ってみてくださいね♪

1. 扱いやすいお弁当箱を用意する

5種のお弁当箱

Photo by akiyon

お弁当箱を作る前にまず必要なのが「お弁当箱」ですよね。いろいろな種類や大きさのものがありますが、まずは扱いやすい「プラスチック」や「アルミ」、「ステンレス」製のお弁当箱から選びましょう。

汁漏れしないようゴムパッキンなどでしっかりと閉じられるもので、多少乱暴に扱っても壊れにくいものが理想的です。大きさは食べる人に合わせます。お弁当箱に「ご飯○杯分」などと容量の表示があるので、参考にしてみてくださいね。
わっぱの弁当

Photo by macaroni

おしゃれな雰囲気で人気の「曲げわっぱ」は、洗い方や保管に工夫が必要なので、慣れてきたらチャレンジしてみましょう。好きなお弁当箱やグッズをひとつずつ増やしていくのも、お弁当作りのモチベーションになりますよ。

2. 衛生面に気をつける

お弁当作りで一番大切なのが「衛生管理」です。食べた人がお腹を壊したらたいへん!作る前に手を洗うのはもちろん、お弁当箱も毎日きれいに洗って乾かしておきましょう。
作り置きなど、当日の朝作ったもの以外は再加熱してから詰めます。また、気温が高めの季節には素材の中までしっかりと火を通し、半熟卵や生野菜などを入れるのは避けましょう。

ご飯とおかずは、冷ましてからお弁当箱に詰めます。寝坊した朝など時間がないときは、冷めやすいおかずにするなどの工夫をしてみてくださいね。

3. 味のバランスを考える

トレイに卵焼き、から揚げ、漬物。奥にそのほかのおかず。

Photo by akiyon

では、いよいよおかず作り!どんなおかずにするか考える際には、「味のバランス」がとても大切です。ご飯とおかずの分量による味のバランス、おかず同士の味のバランスを工夫して、お弁当を飽きずにおいしく食べられるようにします。
バットと弁当

Photo by macaroni

たとえば、濃い味つけのおかずが入っているときには白いご飯を多めに。また濃い味わいのおかずには、さっぱりした酢の物などのおかずを添えるなどの工夫をすると食べやすくなります。ひとつのお弁当箱の中に「塩気」「甘味」「酸味」「辛味」などの味のバリエーションがあると、とてもおいしく感じられるのでおすすめです。

夕飯などのいつもの献立を考えるときと同じように、食べる人の好き嫌いも考慮しながらおかずを決めてみてくださいね♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう