連載

編集部が選ぶ!実際に頼んでよかった「春のお取りよせグルメ」5品

話題のお取り寄せグルメ&スイーツを実食レビューでご紹介する人気連載「気になるアレを食べてみた」。今回は、なかでも特にラグジュアリー感の強かった贅沢グルメ5品をピックアップ!ホムパの盛り上げ役となり、がんばる自分へのごほうびにもぴったりな逸品ばかりです。

2019年3月27日 更新

お家で贅沢気分を味わう

黒い皿に乗ったうにバターとムニエルとうにバターごはん

Photo by macaroni

全国のおいしいものをとことん探し、実際に取り寄せて実食レビューをする連載企画「気になるアレを食べてみた」。この企画では、グルメからスイーツまでつくり手の想いが込められた数々の商品をご紹介してきました。

今回はそのなかから春のお祝いシーズンにみんなで食べたい5つのお取り寄せグルメを厳選!黒毛和牛だけで作られた絶品ハンバーグやうに三昧の濃厚バターなど……さっそくご紹介します。

1. 竹福「吟醸ハンバーグ」

白い皿に乗ったハンバーグをナイフとフォークで切っている

Photo by macaroni

黒毛和牛専門店「竹福」のハンバーグ4種を詰め合わせた「吟選ハンバーグ オールスターセット」。なかでも最上級の部位を厳選してつくられている「ゴールド」は、箸で切れるほどやわらかで、口当たりは絹のようになめらか。ハンバーグとは思えないほど上品な味わいでした。

口のなかで溶けるハンバーグを食べたのはこれが初めて。お取り寄せ必須の絶品グルメです。

2. ピッツェリア・ダ・グランツァ「マルゲリータ/カルボナーラ」

白い皿に乗っているマルゲリータとカルボナーラピザ

Photo by macaroni

目黒線「洗足駅」から徒歩1分の場所に店を構える「ピッツェリア・ダ・グランツァ」。名だたるコンテストを勝ち抜いた日本一のピザ職人が2人も在籍する超人気店です。そこの絶品マルゲリータ&カルボナーラをお取り寄せ。

モッツァレラチーズ、甘みと酸味のバランスが良いトマトソースたっぷりの「マルゲリータ」は、お店の味そのままの本格的な味わいです。同じく人気を二分する「カルボナーラ」は、濃厚なソースと香ばしいベーコンがやみつきになる絶品ピザでした。

3. 長崎豊味館「黒豚ロールステーキ」

ネイビーの皿に乗った黒豚ロールステーキにゆずだれをかけている

Photo by macaroni

長崎県の絶品グルメが集まる「長崎豊味館」で販売されている「黒豚ロールステーキ」。黒豚を1mm以下の極薄にスライスし、60枚以上も重ねて巻き上げたという驚きの逸品です。

ジューシーに焼いて、付属のゆず酢だれをかけていただきました。一枚肉のように焼けるほど圧力をかけて巻いてあるにもかかわらず、口に入れるとふわっとほどけるやわらかさ。絶妙な力加減が可能な手作業だからこその食感です。出来たてはもちろん、冷めても柔らかさは変わらず絶品です。

4. 博多い津"み「ふくの『コンフ』」

スレートに乗ったカナッペとたまごかけごはんと並べられた瓶詰め

Photo by macaroni

大正12年創業の博多ふく老舗料亭「博多い津"み」のふぐを知り尽くした職人が、ていねいに調理している「ふくの『コンフ』」。ふぐをオイルでじっくり煮て、旨みや風味を閉じこめている贅沢な瓶詰めです。

プレーン味を始め、バジル味や柚子胡椒味までバラエティに富んだ6種類を実食。そのままお酒のお供として味わったり、バゲットやごはんに乗せてアレンジを楽しんだりできます。

5. ナショナルデパート「ブールアロマティゼ『雲丹・うに・ウニ・UNI!』」

黒い皿に乗ったうにバター

Photo by macaroni

食べるバターとして人気のブールアロマティゼシリーズから登場したうにバター。その名も「雲丹・うに・ウニ・UNI!」。うにをたっぷり乗せ、バターにもうにを練りこんだうに三昧のバターです。

ごはんに乗せたり、淡白な白身魚のムニエルに乗せたりすれば、いつもの料理がワンランクアップ。手土産としてホームパーティーに持っていけば、盛り上がること間違いなしです。

これからもお取り寄せグルメを探し続けて……

四角い皿と並べられたふぐのコンフィ

Photo by macaroni

今回ご紹介したものは、ホームパーティーやごほうびの贅沢ディナーなど様々なシーンで主役になれるものばかり。またこの春、卒業を迎える人たちや新生活をスタートさせる人たちへのお祝いにもおすすめです。

ふだん足を運べない地域のおいしいものをわが家で味わえる「お取り寄せグルメ」。調べるだけでも想像がふくらみ、お腹がぐぅと鳴ってしまいそう。そんなときは、1回お取り寄せをしてみてはいかがでしょうか?もしかしたら一生のお気に入りグルメに出会えるかもしれません。
構成・文/小林 萠(macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう