ライター : おおつか なおみ

整理収納アドバイザー

【シンプルで心地よい暮らし】ズボラ、家事・育児・仕事と大忙し……だけど、心地よく暮らしたい。そんな心地よい暮らしを実現するため、簡単・シンプルに、自分らしくいられる。そんな暮…もっとみる

整理収納のプロ愛用者多数「ニトリ」

「お値段以上ニトリ♪」のフレーズで、幅広い世帯に愛されるニトリ。全国に店舗が多数あり、気軽にお買物できる場所として大人気ですよね。 整理収納アイテム数が豊富なのはご存知の通りで、筆者も整理収納のプロとして、お客様にご提案するものが多いのです。では、キッチンではどんなアイテムが使いやすいのか?キッチンでおすすめの収納アイテムを5つご紹介します。

5位「ブラン 整理バスケット 」

Photo by Photo by pote_naomi

ニトリらしい真っ白なカラーが特徴のブランシリーズの「整理バスケット」。お片付けが苦手な人でも、こういうフリーボックスがいくつかあると簡単に収納することができます。 手にとりやすい穴・取っ手付きの収納アイテムなので、手の届きにくい上段棚に最適。

Photo by Photo by pote_naomi

我が家では、使用頻度の低い同じ種類のグラスをまとめたり、ランチボックス・お箸などまとめたりしています。1ボックス=1アイテムなど、ご自身なりの収納ルールをつくると散らかりにくくなりますよ♪

4位「フレッシュロック」

Photo by Photo by pote_naomi

左 300ml 328円、右 800ml 528円(税込)
砂糖・塩・乾物など調味料の収納にピッタリなのがフレッシュロック。サイズも300ml~2700mlとサイズが豊富で大人気のアイテムです。角型の形状のおかげで無駄なスペースが生まれにくいのも嬉しいポイント! 別売りされているホワイトのパッキンに取り付ければ、さらにすっきりしますよ。

Photo by Photo by pote_naomi

中身が見える透明なのもフレッシュロックの良いところ。引出しに並べても、このように何が入っているか一目瞭然ですね!

3位「ざるボウルフライパンスタンド」

Photo by Photo by pote_naomi

1,790円(税込)
フライパンや鍋の収納にお困りの方必見の「ざるぼうるフライパンスタンド」。ひとつひとうのアイテムを、整理と出し入れが簡単にできるので、散らかりにくい! 各ご家庭で使用しているフライパンなどの種類・サイズはバラバラですが、こちらのアイテムはワイヤー幅をご自身で調整していただくことが可能なんです。また、土台部分も46~86cmと伸縮調整可能なので、キッチンに合わせることができますね。

2位「ダストボックスプリート」

Photo by Photo by pote_naomi

498円(税込)
内側を見せないリング付きで、抗菌・銀イオン配合と小さなゴミ箱として活用される方が多いアイテム。でも、それだけではありません。 整理収納のプロの間では、このすっきりシンプルな見た目と形・蓋を開閉するだけのワンアクション動作ができるということで、美収納が叶うアイテムとして評価が高いんですよ。

Photo by Photo by pote_naomi

我が家では、キッチンで使用する食洗器洗剤タブレット・小さな生ごみ用の袋を収納しています。キッチンでは少し大き目の収納アイテムですので、布巾・メラミンスポンジなどの収納にも向いていますね。

1位「ブラン 整理トレー」

Photo by Photo by pote_naomi

Sサイズ99円・Mサイズ149円・Lサイズ249円(税込)
ブランシリーズの中でも特におすすめなのが「整理トレー」。S・M・Lサイズと3展開なので収納したい小物に合わせて選べるのが特徴。箸置き・フォークなどカトラリー類収納と相性が抜群です。 また重ねられるので、上・下ダブル使いで無駄な空間も少なくすることができます。同じスペースで、収納量もアップしますよ。 ニトリらしい真っ白なカラーのお陰で、視覚からすっきり整えることも可能です♪

きれいなキッチンを目指しましょう!

どの収納アイテムもシンプルでシンプルなものばかり。これこそニトリ最大の特徴で、真っ白なカラーのアイテムが多数そろうのもポイントです。視覚からすっきり整えることも、お片付け時のひとつの方法です。 あたたもキッチンのすっきり収納を目指してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので予めご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS