有名チョコレートバイヤーが厳選!見た目買い必至のチョコ6選

「チョコで世界中を笑顔にしたい」と毎年現地に足を運び、数々のレアチョコを発掘しているフェリシモのチョコレートバイヤー みりさんに、パケ買い必至!見た目もかわいいおすすめチョコを訊きました。ひと目で癒してくれそうな「幸福(しあわせ)のチョコレート」、この記事で見つけ出してください。

2019年2月21日 更新

みりさん一押し!パケ買い&見た目買いチョコ

ラベルミエット「ボンボン」

Photo by macaroni

フェリシモで20年間以上、チョコレートバイヤーを務め、世界中のチョコを知り尽くしているみりさん。そんな彼女が思わずパケ買い・見た目買いしてしまうとしたら、それってどんなチョコなのでしょう。みりさんがフェリシモ「幸福のチョコレート」をプロデュースするなかで見つけたというグッドルッキングなチョコレートを、全部で6品教えてもらいました!

お話をきかせてくれた人

チョコレートバイヤー みりさんのプロフィール画像

チョコレートバイヤー みり フェリシモでのチョコレートバイヤー歴20年以上、「チョコで世界中を笑顔にしたい」と毎年現地に足を運び、数々のレアチョコを発掘する。これまでに日本に初上陸させたチョコは244ブランドで、紹介したチョコ484ブランド計2400種以上!それでもまだまだ知られていない素敵なチョコを紹介するため、今日も世界の果てまでチョコ探し中!

1. ヒルストリート「ラズベリーハート」/イギリス

「日本人とイギリス人は好きだというピンクの色味が似ているんです。どちらもベビーピンクを好まれる方が多いんですけど、世界的に見るとそれは珍しいんですよ。ヒルストリートはお店自体や包装にもその色を採用していて、とっても人気の高いお店」
「このチョコレート、ピンクのハートの光沢感がすごいでしょう?2019年版『幸福のチョコレート』では、ヒルストリートのこのチョコレートを表紙に採用しました。

ベビーピンクのハートのなかは、ホワイトチョコとダークチョコの二層に包まれたラズベリーキャラメル。トロ〜ンとした口当たり、深いコクと酸味のバランスがハートにズキュン!ときます。
チョコレートのお共といえばコーヒーという人が多いと思いますが、イギリスのチョコレートは紅茶と合うんですよ。穏やかで華やかな香りとともに味わってほしいですね」

2. レシオ「塩キャラメルタブレット」/オーストラリア

「『レシオ』はオーストラリアのメルボルンにある、女性ひとりで切り盛りしているビーントゥバーのお店。こんなにきれいな板チョコは見たことがありませんでした」
店名のレシオにちなんで黄金比率(ゴールデンレシオ)をレリーフした表面も美しいんですが、見てほしいのは裏面!フレーク状の塩キャラメルが宝石のかけらのように輝いているんです。ソロモン諸島のカカオが香るチョコレートとの相性も完璧で、まさに黄金比率(ゴールデンレシオ)そのものです」
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう