4. 大阪では一番の人気店「KYK」

あべのハルカスがある、大阪市阿倍野区で創業された喫茶店がはじまりで、とんかつ店としては1965年に、神戸の三宮地下街で1号店がオープン。それ以来、大阪を中心に関西圏で根強い人気を誇るお店として、デリカ店やカレーハウスサンマルコなども展開しています。

リーズナブルな国産ロースとんかつ膳

110g 1,080円(税込)
鹿児島産黒豚をはじめ、北海道や沖縄産の銘柄豚のとんかつを、リーズナブルな価格でいただけると評判のお店です。なかでもさらにお手頃なこの国産ロースかつ膳がおすすめで、110gから140g、200gまでの大きさを選べるので人気があります。

5. 京都の和風とんかつ「かつくら」

リプトン紅茶専門の喫茶店として、1930年に京都三条で創業されたのが発祥で、25年前に新業態のとんかつ店を開店したのがはじまりです。いまでは三条本店を中心に関西で17店、東京と神奈川に10店を展開するチェーン店となり、首都圏でも知名度が上がっています。

山形県産金華豚のロースかつ膳

160g 3,080円(税込)
国産豚のロースかつやヒレかつがおいしいのはもちろんですが、たまに贅沢するならこの金華豚のロースかつをおすすします。サクッとした衣のなかのやわらかくジューシーなお肉は、噛むと口のなかいっぱいに甘い脂が広がる、一番人気のメニューです。

6. とんかつ朝定食もある「松乃屋」

牛めしとカレーでおなじみの松屋を展開する、松屋フーズのとんかつ業態店で、すでに紹介した「かつや」と同じく、スピーディーな調理と低価格がウリのお店です。同業の松のやとチキン亭を含めて、北海道から沖縄まで180店以上を積極展開していることで知られます。

熟成チルドポークのロースかつ定食

530円(税込)
こちらのいち推しメニューがこのロースかつ定食です。ご飯と味噌汁のセットでワンコインちょっとという、たいへんお得な価格が魅力で、厚切りロースかつ定食でも680円しかしません。とんかつ付きの朝定食も、400円でいただけると評判ですよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ