揚げ料理

ほどよい深さがあるのもスキレットの特徴です。油を入れて揚げ物料理も作れてしまうんですよ。一度油の温度を上げてしまえば下がりにくいので、カリッと仕上げることができます。

煮込み料理

深みがあるということは、煮込み料理も可能です。鍋に厚みがあり、熱がムラなく伝わるので、中心からふっくらとした煮物ができあがります。専用のフタが無ければ、アルミホイルなどでフタをするのもおすすめです。

オーブン料理

そのままテーブルに運んでお皿代わりにもなるスキレットは、オーブン料理も人気。お肉やお魚はもちろん、パンケーキなどのスイーツやちぎりパンなども作れるんです。材料を入れたらそのままオーブンに入れましょう。

スキレットの使い方 <使用後のお手入れ方法>

一度使い始めたスキレットは、基本的にお湯とやわらかいスポンジのみで洗います。せっかく作った油の膜が剥がれてしまうので、洗剤は使いません。使用後はなるべく早く、まだ鍋があたたかいうちにおこなうのがベストです。洗浄後はしっかりと水気を拭き取り、コンロの火にかけて完全に乾かします。最後にクッキングペーパーでオイルを塗っておきましょう。

スキレットの使い方<おすすめレシピ5選>

1. 牡蠣のアヒージョ

まずは副菜としてはもちろん、酒のおつまみにもぴったりなアヒージョのレシピをご紹介します。にんにくをたっぷり入れて、唐辛子も効かせるのがおすすめ。唐辛子は種ごと入れるとしっかり辛くなるので調整しましょう。

パルミジャーノ香る具沢山のスパニッシュオムレツ

ひとりのランチにはもちろん、パーティーやおもてなしにもおすすめなのが、スキレットで作るスパニッシュオムレツです。彩りも鮮やかで、テーブルに運べば、ぐっと華やかになりますよ。意外と簡単に作れてしまうのも、うれしいポイントなんです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ