大分は絶品グルメの宝庫!大分県の名物料理&ご当地グルメ12選

大分県には、驚くほどおいしいものがたくさんあります。今回は、大分に行ったら食べていただきたい、絶品ご当地グルメ&名産品を厳選してご紹介していきます。気になるグルメがあれば、おすすめのお店もぜひチェックしてくださいね。温泉も大分名物もしっかり満喫しましょう。

2019年1月31日 更新

9. 締まった身のおいしさが格別!「関アジ・関サバ」

関アジ・サバとは、大分で一本釣りされ、手作業で1匹ずつ処理(活けじめ)されたマアジ・マサバのことです。厳しい潮の流れで生き抜いた魚は、身がきゅっとしまっていて、独特のうまみが堪能できます。関アジは3月から10月、関サバは秋口が旬です。

おすすめのお店「割烹ダイニング桟敷坐(ざしきざ)」

大分駅から徒歩10分ほどのこちらは、趣ある外観が特徴です。落ち着いた雰囲気の店内には、座敷席からソファ席まで、計92席あります。関アジや、かぼすブリを含むコースが人気です。大分地鶏の、豊のしゃもを使ったメニューもありますよ。

店舗情報

10. 独特の水質が育てた絶品「城下(しろした)カレイ」

城下カレイは、日出町で獲られるマコガレイのことです。その昔、日出藩の城下町だった地域で、清水が湧き出ているため独特な水質が、おいしいカレイを育てるのだそう。5月から7月が、特に城下カレイがおいしくなる時期です。

おすすめのお店「酒幸、美味夢二家(しゅこうびみゆめじや)」

大分駅から14分ほど歩いた場所にある、夢二家はアットホームなお店です。カウンター席を含め、25席ある店内は、おひとりさまでも入りやすい雰囲気。名物の城下カレイの旬の時期は、城下カレイを使ったコースを堪能できます。

店舗情報

5 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS