3. 歴史ある懐かしい味わい「だんご汁」

小麦粉で練った生地を、野菜たっぷりの味噌ベースの汁で煮込んだ郷土料理です。練った小麦粉を麺のように伸ばしたり、ちぎったりと、地域によって微妙に違うのが特徴です。戦国時代の大名が、アワビの肝に似せて作らせたのが発祥という説があります。

おすすめのお店「油屋熊八亭(あぶらやくまはちてい)」

歴史ある亀の井ホテルの1階にある和食レストランです。別府駅より徒歩4~5分とアクセス抜群です。別府の名物のだんご汁や、かぼすブリなどのメニューがあります。160席ある店内は、ゆっくりと食事を楽しむことができそう。

店舗情報

4. 濃縮した魚とゴマのうまみ「ごまだしうどん」

佐伯市で昔から親しまれている「ごまだし」を使ったうどんです。ごまだしとは、魚にゴマやしょうゆなどを加えたペーストです。ゆでたうどんに、ごまだしとお湯を注いだだけで、魚のうまみ溢れる味わいが堪能できます。

おすすめのお店「喰いまくり会館」

喰いまくり会館は、佐伯駅より徒歩23分の場所、佐伯うまいもん通りの中心にあります。250席ある広い店内と、200品ある豊富なメニューが魅力のお店です。ごまだしうどんや、新鮮な海鮮料理をリーズナブルにいただくことができます。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS