ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

この秋冬、流行るかも!?

これからの寒い季節、食卓にたびたび登場する「おもち」。もち米を使った日本独自の食文化であるお餅は、お祝い事には欠かせない食べ物です。 煮ても焼いても、どっしりもっちりとしたあの食感……おいしいんですが食べ過ぎると飽きてしまいますよね。 そんなお餅をまったく違った"切り口"で味わえる、「モチスラ」をご紹介します。百聞は一見に如かず、実際に使ってみるとハマる楽しくおいしいアイテムでした!

「モチスラ」って何?

Photo by muccinpurin

1,080円(税込)
「モチスラ」を販売しているのは、レンジで野菜チップスを作る「チンしてチップス」や、食パンを使ってポケット型サンドを作る「サンドでパンダ」で有名な、新潟県のプラスチックメーカー「曙産業」。 「お餅なんて、包丁やスライサーでスライスできそう」と思われるかもしれませんが、いざチャレンジすると、包丁では薄くスライスできず、スライサーを使うと餅の固さで力が入ってケガをするおそれが……。 シンプルなようで実はむずかしい技術を、コンパクトなスライサーに凝縮したのが「モチスラ」なんです。

さっそくモチスラでお餅をスライス!

Photo by muccinpurin

使い方は簡単ですが、ちょっとしたコツが必要。順を追って見ていきましょう!

セット内容

・モチスラ本体 ・カッター モチスラ本体は、ホルダー部分とスライサー部分に分かれています。鮮やかなピンクで、かわいらしいボディです♪ プラスチックのカッターは、スライスした餅を好きな形にカットするのに使います。

使い方

1. お餅をモチスラにセットします

Photo by muccinpurin

モチスラ本体からホルダーを引き出し、お餅をセットします。軽くお餅を押さえながら、モチスラ本体にスライドするように差し込みます。 これで準備は完了です!

2. ホルダーを押してお餅をスライスします

Photo by muccinpurin

平らなまな板に立てて置き、上からゆっくりとホルダーを押して、お餅をスライスします。 カッター部分から徐々に薄くスライスされたお餅が出てきました……!

Photo by muccinpurin

わー!薄い!! と思ったら、途中で切れてしまいました。何度やっても同じ調子……。 これはこれでいびつな形がかわいいんですが、何度かスライスするうちにコツを掴みました!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS