【裏ワザ】インスタントコーヒーは料理の隠し味に使える万能な調味料だった!

インスタントコーヒーは、コーヒーを飲むための物ですが、実はそれだけではなく、スパイスの代わりや隠し味として料理に取り入れるのもおすすめ!いつもの料理をワンランクアップしてくれたり、お肉を柔らかくしたり、風味をつけたり、とても優秀なんですよ。

インスタントコーヒーは料理にも使える!

インスタントコーヒーは通常、コーヒーを飲みたいときに使う飲み物の素ですが、実はそれだけではありません。なんとスパイスとして、お料理に使えるというのです!
コーヒー特有のビターな風味と香ばしさは、隠し味として加えてコクを出したり、焼き色をきれいに仕上げたりと、料理の場面でも優秀な活躍をみせてくれます。
では、どのような料理に使えるのでしょうか。

カレーやシチューの隠し味

カレーの中にカップ1杯分のコーヒーを入れるだけで、ぐっとコクが出たカレーになります。雰囲気としてはしゃれたコク深いフランス風のカレーになるとか。最後の隠し味はこれで決まりですね!ビーフシチューに隠し味としてコーヒーを入れると、苦みと深みが出て大人の味になるので、ぜひ試してみてくださいね。

スペアリブを漬けこむ

ソースと溶かしたインスタントコーヒーを混ぜ、スペアリブを漬け込んでおきます。コーヒーにつけ置きすることで、香ばしさやコクが増し、焼き色もきれいになるんだそう。他のお肉を焼く前の隠し味としても使えます!

ビーフストロガノフに!

ビーフストロガノフに使う牛肉を焼くときに、いつもの調味料に加え、溶かしたインスタントコーヒーを入れると、全体の味がしまってさらにおいしく仕上がるそうです!

サラダにはコーヒードレッシング

サワークリーム、グラニュー糖、レモンジュースにインスタントコーヒーを混ぜ合わせたソースはドレッシングとしても優秀です。フルーツサラダなどにも合うそう。いつもとは一味違ったおしゃれな味わいに♪

ミートソースもワンランクアップ

トマトペーストにインスタントコーヒーを加えることで、ミートソースにより深みが生まれるんだとか!口に入れた時のコーヒーのかすかな香りが本格的な味わいになるそうです。

豚肉を煮るときにも!

特集

SPECIAL CONTENTS