旅マニアが教える。本当においしい「カオソーイ」の作り方

タイ北部で親しまれる「カオソーイ」。ガパオやトムヤムクンに比べてローカル度が高く、日本ではまだ馴染みが薄いですよね。でも、一度食べたらトリコになること間違いなしの注目麺なんです。少し難易度は高めですが、ぜひ作ってみてくださいね。

2018年9月17日 更新

「カオソーイ」でタイ料理を極める!

日本は空前のエスニック料理ブーム。家庭でも、ガパオやカオマンガイなどのタイ料理を作る人も増えてきていますが、いまおすすめしたいのが「カオソーイ」!身近な材料で作れるのに、本格的なタイ料理を味わえます。

今回は東南アジアを愛し、エスニック料理を食べるために旅する筆者がレシピをご紹介します♪

カオソーイってどんな料理?

「カオソーイ」はタイ北部のチェンマイで古くから親しまれる料理。隣国ミャンマーの「オンノカオスエ」という、ココナッツミルクスープの麺料理が起源だと言われています。

イスラム系中国人がタイ北部に移住したのがきっかけで、ココナッツスープにカレー風味が加わり、揚げ麺をトッピングした現在のスタイルに落ち着いたようです。

本場の味に仕上げる4つのコツ

1. 麺は「ゆで」と「揚げ」で二度おいしい

ペーパータオルの上の揚げ麺

Photo by muccinpurin

「カオソーイ」の一番の特徴は揚げた麺のトッピング。スープに浸った麺と、カリカリに揚げた麺を一緒に絡めて食感の違いを楽しみます。

2. 「ココナッツシュガー」でコクを出す!

ココナッツシュガー

Photo by muccinpurin

タイをはじめ東南アジアではメジャーな砂糖「ココナッツシュガー」。甘さの中にコクがあり、料理をぐっと深めてくれます。なければ黒糖で代用してもOK。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう