A. 注意すべきポイントを再確認しましょう

お弁当を詰める際に必ず注意を払うべきポイントは、ご飯もおかずも冷ましてから入れることです。また、冷蔵庫に保存してあったおかずを利用する場合は、再加熱して冷ましてから詰めるとより安心。 そのうえで、夏場などの気温が高い季節には保冷剤や抗菌シートなどを使って菌の繁殖を防ぎます。また、酢や大葉などの殺菌作用を期待できる食材を使う工夫をしても、効果が期待できますよ。 わっぱや籠のお弁当箱などの、自然素材のものにも保冷剤を使用することができます。その場合はお弁当箱を布で包んで、直接接触しないようにしましょう。

Q7. おかずがばらばらになる……

A. 串やピックに刺してまとめましょう

肉団子やミニトマトなど、ころんとしたフォルムのおかずを入れるときに、ばらついてまとまりのない盛り付けになることも……。そんなときこそ串やピックの出番です♪ かわいい飾りのついたものも多く、お弁当が華やかになるうえ、手でつまんで食べられて便利。また、ちくわやハムなどを丸めてまとめたりと、アイデア次第でいろいろ活用できますよ。 なんとなく買ってはみたものの出番が少ないピックがあったら、すぐに使ってみてくださいね!

作り続けるからこそ生まれる悩みあるある

小さな悩みが生まれるのは、いつもがんばってお弁当作りに励んでいる証拠。 お弁当作りでなにより大切なのは、そんな努力や食べる人に対する思いやりなんだと思います。ちょっとした疑問が解決したら、また楽しくお弁当作りをしましょうね♪
Photos:4枚
ワックスペーパーで仕切られた弁当
2つ並んだわっぱ弁当
縦に盛られた籠弁当
お弁当の抗菌シート
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ