ドリップ・コーヒー

ドリップコーヒーは、日本では一般的な飲み方です。ペーパーフィルターなどに挽いた豆を入れ、お湯を注いで抽出します。1番手軽な方法ですが、同じ味わいのコーヒーを何度も淹れるとなると熟練した技術が必要です。 よく耳にするブレンドとは、数種類の豆を組み合わせた豆を使ったドリップコーヒーのことです。アメリカンとは、浅煎りの豆を使って抽出したコーヒーのことをいいます。薄いコーヒーというイメージがありますが、お湯を多くして薄めたコーヒーという意味ではありません。

好みや気分、シーンに合わせて選ぼう♪

あなたの好きな品種やいつも飲んでいるもの、気になる種類は見つかりましたか? たくさん品種や産地がありますが、ふたつの違う地域で同じコーヒーを作ることができないということに、驚かれた人も多いかと思います。地名が品種の名前になっているものが多いのも納得ですね。 酸味のあるなし、苦味の程度、香りの具合などコーヒーを選ぶポイントはさまざま。好きなコーヒーを見つけたあとは、気分やシーンに合わせて飲むコーヒーを変えるという楽しみも♪ ぜひこの機会に、コーヒー時間をもっと楽しんでくださいね。
▼こちらの記事もおすすめです♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ