食事のマナーと食べ方

食事中の基本マナー

食事のマナーはカトラリーの扱い方だけではありません。基本的なマナーとして、大声で話さない、食器の音を立てないなどがあります。 これはレストランにいる外のお客さんに配慮するためのマナー。お酒が入っていたとしても、自分たちが楽しみたいからといっても、決して騒いではいけません。

ワイン

ワイングラスの持ち方は、下の方を親指、人差し指、中指でもち、薬指で支えて持ち上げます。あまり上の方を持つとワインに熱が伝わるのでよくないとされています。

パン

パンを食べるときは、ひと口サイズに千切って食べます。絶対にそのままかじりつくことはないようにしましょう。バターをつけるときも、バターが入っている容器から直接つけるのではなく、バターナイフを使ってつけます。 食べるタイミングにきまりはありませんが、メインが下げられるとき一緒にパンも下げられることは頭に入れておきましょう。

スープ

スープは、スプーンを手前から奥に動かしてすくいます。飲むときはすすって音を出すことのないようにしましょう。 スプーンですくうとき、お皿にあたってカチャカチャと音を立てないようにしましょう。

自然とマナーを身につけたい

フレンチレストランはマナーが大変、というのはよく知られていることですが、改めて確認してみても守るべきマナーはたくさんありますよね。 多すぎて覚えられない、緊張して間違ってしまうかも、という不安もあるかとは思いますが、大事なのは周囲の人に対する配慮です。服装をきちんとするのも、場の空気に合わせるため。 「失礼のないように」と思って行動すれば意外ときちんとできるものです。あれやこれやつめこんで焦らず、少しずつ身に着けていきましょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ