注文

フレンチレストンは格式ばっていて、注文の仕方もよくわからない、という方も多いのでは? 一番手っ取り早いのは予算に見合ったコース料理を注文することです。コースはあらかじめシェフによって内容を決められていることが多いので、出されるものはおすすめの料理。なにもわからないからお任せしたい方にはコースがいいでしょう。ある程度メニューを選べることもあります。 フレンチの基本はコースですが、単品から選べるアラカルトもあります。コース料理を食べるほど余裕がない、大勢で分け合って食事を楽しみたいという場合はこちらがおすすめ。アラカルトはコースよりも量が多いです。

フォークを落としてしまったら

フレンチレストランの正式なマナーでは、フォークやナイフを落としても自分で拾ってはいけません。 フロアには必ず給仕スタッフがいるので、落としたら給仕に拾ってもらいましょう。自分がうっかり落としてしまったものを人に拾わせるなんて恥ずかしい、と感じる方も多いかと思いますが、こういった場所でマナーに従わないことこそ恥ずかしい行為です。自分はそれでよかったとしても、同席する人が恥をかくことも。 フォークやナイフを落としても慌てることなく給仕スタッフを呼びましょう。

お会計

お会計の仕方はレストランのスタイルにもよりますが、とくに格式高いレストランでは自分から立ってレジを探しにうろうろする、なんてことをしてはいけません。 食事が終わったら、フロアにいるスタッフに目で合図する、または手を挙げて席まで呼び、「お会計を」と言います。 自分から立つのではなく、かならずスタッフが来るのを待ってからお会計しましょう。

ナプキンの使い方

広げるタイミング・置き方

レストランに行くとテーブルに置いてあるのがナプキンです。これってどのタイミングで開けばいいのか、ちょっと悩みますよね。 ナプキンを広げるタイミングは、給仕が水、または注文した飲み物を運んできたタイミングです。飲み物が運ばれたら、ナプキンを広げ、半分に折って太ももの上にかけましょう。

席を立つとき

お手洗いに行くなど、席を立つ場合はナプキンを椅子の背にかけておきましょう。二つ折りのままで構いません。中座する際にナプキンをテーブルに戻すのはよくありません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ