甘くてジューシーな「白桃」の種類!国産16品種とおいしい食べ方◎

夏にはおいしい果物がたくさん!中でも、ジューシーで甘い「白桃」を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。白桃の特徴や黄桃との違い、おいしい食べ方もご紹介。とってもたくさんある白桃の種類の中から16選でまとめました。

2018年6月22日 更新

果樹の女王「白桃」の魅力をもっと知りたい!

白桃の特徴とは

桃の品種のひとつである白桃。白をベースにピンク色のグラデーションが美しく、見た目でも楽しめる夏の果物のひとつです。完熟した白桃の皮はかんたんに手で皮を剥くことができ、果汁が多く、ジューシーで強い甘みが特徴です。白桃にもさまざまな種類があり、産地を移して6月から10月ごろまで楽しめます。

白桃の誕生

桃の発祥地である中国の「上海水蜜桃」が伝わって生まれたと考えられている白桃、日本では岡山県が原産の品種です。完熟しても果皮が乳白色であることが命名の由来だとされています。この白桃が品種改良されて「白鳳」や「あかつき」などのたくさんの種類が生まれているんですよ。

黄桃との違い

桃は白肉種と呼ばれる白桃と、黄肉種と呼ばれる黄桃に大別されます。基本的に品種の違う白桃と黄桃は、果皮と果肉の見た目の色の違いでも区別することができますよ。黄桃は白桃に比べ、果肉がやや固く、缶詰などの加工用に栽培されることが多いようです。最近では、マンゴーのような香りと食感が特徴の黄金桃なども登場し、注目されています。
▼詳しくはこちらもご覧ください!
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう