おうちコーヒーをもっとおいしく♪ フレンチプレスの使い方とおすすめ商品5選

ドリップ式やサイフォン式など、コーヒーの淹れ方はさまざまですが、今回は、フレンチプレスの淹れ方や、おすすめ商品、そしてお手入れ方法などをご紹介します。オシャレなデザインのものが多いので、置いておくだけで、キッチンを優雅に演出してくれますよ。

フレンチプレスって?

ほかの淹れ方とどう違うの?

コーヒーにはいくつもの抽出方法があり、同じコーヒーでも使う器具によって異なる味わいになります。

もっとも一般的と言われているのはドリップ式。紙のフィルターにコーヒーの粉を入れ、そこにお湯を注いでいく方法で、その注ぎ方により抽出時間が変わるのでコーヒーの味も変わります。

また、気圧の力でお湯を移動させコーヒーを抽出するサイフォン式もあります。一見、化学の実験器具のようでプロっぽくも見えますが、実は簡単。ただ、最初に少々高めの器具代がかかります。

そして、フレンチプレス式は粉を入れ、そこにお湯を注ぎ、うえから金属のプレスを押し下げるだけ。簡単な方法なので誰でも同じ味にコーヒーを淹れられることが魅力です。

どんな味のコーヒーなの?

フレンチプレスはコーヒーの粉がお湯に触れている時間が長いので、コーヒーの風味をダイレクトに感じられるのが特徴。うま味や甘みを含むコーヒーの油分も抽出されるので濃厚でオイリー、まろやかな味わいになります。

ただ、細かい粉も一緒に抽出されることがあるので、細かい粉を使ったりフィルターが傾くと、ざらつくこともあります。

フレンチプレスの使い方

基本的な淹れ方

1. フレンチプレスには主に350mlのものと500mlのものがあります。
350mlでは15~18g、500mlでは25g前後の豆を用意します。
2. 鉄のメッシュなのでドリップ式の紙よりも粉を通しやすいため、粗びきのコーヒー粉を用意しましょう。
3. お湯をそそぐ前にタイマーを4分にセットしておきます。
4. 沸騰したお湯を注ぎ、タイマーをスタート。
5. フィルターを最大限にあげた状態で蓋をします。
6. 4分たったらフィルターをゆっくり垂直に降ろしていきます。
7. コーヒーカップに注いで、できあがり♪

おいしく淹れるコツ

1. フレンチプレスはコーヒーの油分まで抽出するので、新鮮なコーヒー豆であることが大切。飲む直前に挽いた粉が最適です。
2. お湯は一気に注がず、まずは半分ほど。それも直接コーヒー粉に注がず、プレスの側面にお湯をぶつけて間接的に注ぐと、粉の飛び散りを防げ、水流でコーヒー粉とお湯がきれいに馴染みます。
3. 残りのお湯を注ぐ前にコーヒーが膨らむまで30秒ほど待ちます。
4. フィルターをおろす際、速すぎるとコーヒーに粉が混ざるので、だいたい3秒から5秒かけておろします。
5. フィルターが斜めにズレても粉が混ざるので、うえから垂直に力をくわえます。

洗い方やお手入れの仕方

洗い方

まずは分解。そのあと、分解した部品をそれぞれ洗浄していきます。

その際に洗剤を使いやわらかいスポンジで洗います。コーヒー器具は洗剤なしで洗うことも多いですが、フレンチプレスの場合はコーヒーの油分も抽出するので、その油分をしっかり洗剤で落とす必要があります。

すすいだあとは、組み立てる前に乾燥させます。乾燥後、元の順番に組み立てていき洗浄は完了!

お手入れの仕方

定期的に徹底的なお手入れをすると、また確実にコーヒーの味がよくなります。

隙間の汚れはスポンジでもなかなか取れないので、爪楊枝や歯ブラシなどで細かい部分の汚れをとります。

過炭酸ナトリウムや重曹をぬるま湯で溶かしたボールに分解したパーツを入れ、一晩つけておく洗浄も定期的にすると油汚れが完全にとれます。

おすすめのフレンチプレス5選

1. BODUM(ボダム)KENYA 500ml

ITEM

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー

¥2472〜 ※2017年6月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
2人分にちょうど良い500mlサイズ。モダンなデザインなのでキッチンに出しっ放しにしておいてもオシャレ。ステンレス製のメッシュフィルターがコーヒーの旨みや香り、豆の油分を抽出。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、家庭でプロの抽出を再現できます。

2. HARIO (ハリオ) ハリオール トレビ 300ml

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう