ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

プジョーとは

自動車メーカープジョーのミル?

プジョーというとまず思い浮かぶのは車ですよね?しかし、もともとは農家で、製粉業を営んでいました。製粉のために使用していた水車からをヒント得て、製鋼業へと転業したと言います。

クルクルと回る鋭い刃の技術を駆使し、ミシンや自転車、コーヒーミルやペッパーミルを生み出し、最終的に世界でもっとも古くからの自動車メーカーになりました。

フランスでは今でも、プジョー製の自転車やコーヒー、ペッパー、ソルト、ナツメグ用のミルが多くの人に愛され続けています。

プジョーの歴史

プジョーが製粉農業からノコギリなどの工業製品メーカーに転向したのは1800年代のこと。その鋭い切れ味を活かし、1840年に木製のコーヒーミル、そして1874年にはペッパーミルが誕生しました。そのあと、1886年には自転車、1889年には自動車を生産するようになりました。

プジョーのシンボルとなっている「ライオン・マーク」はコーヒーミルの性能を誇り「ライオンの牙のように鋭く切れる」という意味から1949年に描かれたもの。つまり、自動車生産より40年も前からのエンブレムなんです。

そもそもミルって必要?粉末調味料との違い

胡椒は大きい粒ほど香りが長持ちしやすいと言われています。パウダーは香りが抜けやすいので、香りをしっかりと楽しみたい場合は、ミルで直前に挽くのがおすすめです。

また、香りが高いと少量で辛さや味も強く感じられ、必要以上にたくさん胡椒を使う必要もなくなります。フランスでは、減塩を心がけなければいけない人に、塩にもミルを使用することを医師から勧められることもあるそうですよ。

プジョーのミルはここが違う!

豊富な種類

140年以上の歴史があるだけに、プジョーのミルは種類が豊富。クラシックな色合いの木製から、カラフルなものやステンレスやガラス、銀メッキ製まであり、フォルムもさまざまです。手動も電動もあり、サイズも小さいものから大きいものまでそろっています。

いずれも、キッチンや食卓に出したままにしておけるおしゃれなデザイン。ソルト用、ペッパー用、ナツメグ用とそれぞれ異なる美しさで、集めたくなるはずですよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ