【主婦直伝】リビング収納術♪ 毎日きれいにキープする簡単テク10選

リビングの収納のコツは、「見せる収納」と「見せられない収納」を上手に活用することです。スッキリ整理するだけでなく、おしゃれに・取り出しやすく収納することができるとよいですね。今回は主婦目線で、今すぐできる簡単リビング収納術をご紹介していきます。

2019年2月25日 更新

リビング収納術「見せられない収納編」

5. クローゼットに分別して収納

何が入っているのかを書いたボックスが並んだクローゼットの中

Photo by Snapmart

見せられないものは、基本的にクローゼットの中やタンス、押し入れの中にしまっておくのが正解です。見せる収納以外は見えない場所へ直すようにしましょう。

また、収納する際にはジャンルごとにボックスを作り、仕分けするのがおすすめ。大まかでもよいので分けておくことで、物を整理しやすくなります。

6. わずかな隙間を活用して収納

扉の内側を活用した収納術

Photo by Snapmart

「我が家には収納場所が少ないから……」という人も、扉の内側や奥行き、高さを活かして上手に収納してみましょう。写真のように、扉の内側にお掃除グッズなどを収納するのもおすすめです。

収納場所に棚を付けたり、奥行きがある場合にはカラーボックスを使うのもよいですね。

7. 散らかったものの避難場所を確保

何でも入れれるように空間を作ったクローゼットの中

Photo by Snapmart

子どもの遊び道具やシーズンものなど「今は必要ないけどいつかは使う」「常に使わないけどあると邪魔」なものは、避難場所を確保しておいてください。

たとえば何でも入れれるクローゼットの空間を空けておいたり、大きなバケツを用意したり、物置部屋を作っておくなどの方法がおすすめ。急な来客やササっと片づけたいときにとても便利です。

リビング収納術「小物整理編」

8. おしゃれな瓶に小分け収納

透明の瓶に入れた薬やサプリメント

Photo by Snapmart

すぐに場所が分からなくなる小物類は、ジャンル分けしておくと迷子になりません。薬類やボタン、電池、輪ゴムなど、細かいものは小ビンやカゴなどで分けておきましょう。

お子さまやペットのいるご家庭なら、勝手に開けて取られないようフタ付きのものを使うと安心ですよ。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう