おしゃれにすっきり♪ おすすめ「リビング棚」15選&選び方と収納術も

家族が集まるくつろぎのスペース、リビングが散らかっていたら楽しい雰囲気も台無しです。今回は、おしゃれにすっきり収納できるリビング棚のご紹介からリビング棚を選ぶポイントやアイデア収納、おしゃれに見える収納方法をお届けします。

リビング棚を選ぶときのポイント

家族が一番集まる場所といえば、やはりリビングではないでしょうか。家族団欒の場所。リラックスできて家族で1日の出来事を話し合ったりテレビを見たり。

そんな場所に必ずある物といえば「リビング棚」。今回は、家族が気持ちよくリビングでくつろぐためにもスッキリと収納できる物、また、リビングの雰囲気を大きく決めてしまうインテリアとしても重要なリビング棚の選び方のポイントや収納アイデアをご紹介します。

サイズ

リビングの広さによって決めたいリビング棚。でも、重厚な棚がいい人、圧迫感のない棚がいい人と、好みは人それぞれです。どんなデザインのリビング棚を選ぶにしても収納物を把握しその収納物の20%ほど余裕があるものを選ぶのが基本となっております。

デザイン

贅沢をいえば、インテリアとの調和がとれて、おしゃれで機能性が抜群!そんなすべてを兼ね揃えたリビング棚がほしいと誰もが思うのではないでしょうか。

リビング棚のデザインだけを見るのではなく大局的に見ることが大切です。リビングのテーマカラーを3色くらいに決めたり、カラーを統一したり、家具の素材テイストを揃えたりすることでワンランク上のおしゃれなリビングに仕上がります。

収納量

まずはリビングにあるテレビのリモコンや新聞などの紙物、小物など、収納物を把握することが大切です。

どれだけの物を収納するのか把握し、さらに20%ほど余裕ができるリビング棚を選ぶことを心がけてください。

そして、肝心なポイントは個人の私物をリビングに置かないこと。リビングは家族共有の場所になるので個人の物を置くと統一性もなくなり私物で溢れてしまいかねないので気をつけましょう。

狭いスペースでもOK!コンパクトなリビング棚5選

⒈ ワイドラック

見せる収納をしたい人にオススメなのがこちらの木目調オープンラック。幅55cm×奥行25cmと小ぶりなタイプなので狭いスペースにも置くことができます。

本や雑誌、小物などを飾りならが収納できフレームと底板のみのデザインとなっているので圧迫感もありません。

⒉ 壁面ラック

天井や床に穴を開けることなく壁面に設置できるウォールシェルフです。

こちらも見せる収納でおしゃれにインテリア雑貨や本、雑誌などを収納することができます。散らかりがちなリビングの小物をおしゃれに収納できるって嬉しいですね。

⒊ キャビネット

省スペースに設置できて、収納もしっかりあります。ワンルームなど狭いお部屋なら、尚更すっきり見せたいリビング。色合いや大きさ、引き出し式か扉式かなどの小さな違いで雰囲気はガラリと変化します。

しかしこちらのキャビネットなら落ち着いた色合いなので部屋を選ぶこともありません。なにも考えずにリビングをすっきり見せたい方にオススメです。

⒋ モジュール ボックス

シンプルなデザインで、部屋を選ぶことなくコードの引き込み口が付いているので、DVDレコーダーやゲーム機などのコードが目につくことなく収納できるのも嬉しいところです。

⒌ ローボード 伸縮型

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう