【主婦直伝】リビング収納術♪ 毎日きれいにキープする簡単テク10選

リビングの収納のコツは、「見せる収納」と「見せられない収納」を上手に活用することです。スッキリ整理するだけでなく、おしゃれに・取り出しやすく収納することができるとよいですね。今回は主婦目線で、今すぐできる簡単リビング収納術をご紹介していきます。

2019年2月25日 更新

リビング収納術「見せる収納編」

1. インテリアのように飾って収納

Photo by Snapmart

人に見られてもよいものは、お家に飾っている植物やインテリア雑貨と一緒に見せる収納をしましょう。まるでインテリアのように飾れば、収納には見えない収納の完成。 なんでもかんでも入れるのではなく、決まった本や新聞・雑誌・タオル類などを入れると決めておくと、ごちゃごちゃしません。

2. アンティークな家具にそろえて収納

Photo by Snapmart

いつも使うような見せれるものは、おしゃれな棚などに収納してみてください。アンティークな家具や北欧系の家具なら、ただものを収納しておくだけでおしゃれに見えますよ。 また、写真のように扉のあるものならホコリも溜まりにくくて一石二鳥。

3. すぐ使うものは「ひとまとめ」に収納

Photo by Snapmart

キッチンなら料理道具、机の上なら文具類など、すぐに使いたいものはジャンルごとにひとめとめしておきましょう。 引き出しに入れると、ごちゃごちゃしやすいだけでなく取り出しにくいので、写真のようにペン立てなどでサッと取り出しやすくしておくのがおすすめです。

4. お店のディスプレイ感覚で収納

Photo by Snapmart

ピアスなどのアクセサリー類、腕時計、マフラーなどのファッション小物はショップのように飾って収納してみてはいかがでしょうか。 参考にするのは、おしゃれな洋服屋さんや雑貨屋さんです。売りもののように飾れば、おしゃれな見せる収納の完成ですよ。

リビング収納術「見せられない収納編」

5. クローゼットに分別して収納

Photo by Snapmart

見せられないものは、基本的にクローゼットの中やタンス、押し入れの中にしまっておくのが正解です。見せる収納以外は見えない場所へ直すようにしましょう。 また、収納する際にはジャンルごとにボックスを作り、仕分けするのがおすすめ。大まかでもよいので分けておくことで、物を整理しやすくなります。

6. わずかな隙間を活用して収納

Photo by Snapmart

「我が家には収納場所が少ないから……」という人も、扉の内側や奥行き、高さを活かして上手に収納してみましょう。写真のように、扉の内側にお掃除グッズなどを収納するのもおすすめです。 収納場所に棚を付けたり、奥行きがある場合にはカラーボックスを使うのもよいですね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS