大阪の紅茶専門店「ロンドンティールーム」のこだわりメニュー

大阪にある紅茶専門店「ロンドンティールーム」をご存知ですか?紅茶はもちろん、サンド系やハンバーグ・カレーなどの料理、スイーツにもこだわりが。そんなロンドンティールームのこだわりやティーメニュー、モーニング・ランチについてご紹介します。

ロンドンティールームの人気メニューを知りたい!

ロンドンティールームとは

皆様は、ロンドンティールームをご存知ですか?関西には名立たる紅茶専門店が多くありますが、ロンドンティールームはその中でも屈指の紅茶店なんです。

1983年、大阪の北区で本格的な英国流紅茶とイギリスの雰囲気を楽しめるお店をコンセプトに創業。以来、大阪で知らない人がいない有名店になり、連日のように紅茶を愛するファンが集っているんですよ。

どこにある?

ロンドンティールームの紅茶を楽しみたいときは、大阪北区に「堂島本店」と、同市内の阪急百貨店メンズ館4Fに「阪急百貨店メンズ館店」の2店があります。

本店では、英国スタイルのレンタルルーム「オックスフォードクラブ」があり、セミナーや個展で利用が可能、もちろん紅茶の注文もできますよ。

また、紅茶の注文にはオンラインショップもあるので、遠方の方には便利ですね。

ロンドンティールームのこだわりメニュー

ストレート向きの紅茶

では、ロンドンティールームのこだわりの紅茶を見てみましょう。

紅茶の香りと味をそのまま堪能できるストレートティー。ロンドンティールームでは世界三大銘茶をはじめ、4か国(スリランカ・インド・中国・ケニア)と13種類の紅茶葉を取りそろえており、価格は620円から720円ほどです。

そのひとつに「ダージリン・ティー」があります。ダージリン・ティーはインドが原産で、“紅茶のシャンパン”と別名があるほどさわやかな香りを持っています。色は薄めの茶色ですが、口当たりは豊潤でまさにストレートティーで楽しむための紅茶と言えるでしょう。

ミルクティー向きの紅茶

紅茶の飲み方で人気のミルクティーは、ミルクの風味に負けないしっかりしたボディの茶葉が必要なんですよ。

ミルクティーに用いられる紅茶はいろいろありますが、もっともポピュラーなのは、インド産の「アッサム・ティー」ではないでしょうか。甘く深い香りを持ち、赤褐色の濃い紅茶です。力強いフレーバーと濃い色が、ミルクとの相性が抜群。

ロンドンティールームでは、アッサムと、他インドとセイロンの紅茶5種類を用意してミルクティーで提供しています。値段は620円から720円です。

ロンドンティールーム人気ドリンクメニュー

スパイスティー

スパイスティーは、紅茶にシナモン・ミント・ジンジャーなどスパイスを加えて香りを楽しむドリンク。

ロンドンティールームでは、9種類のスパイスティーを用意していますよ。人気の「シナモン・ミルクティー」は770円、ほかのスパイスティーは620円から860円で提供しています。

アイスティー

ロンドンティールームでは、ダブル・クーリング法で抽出したアイスティーが味わえますよ。ダブル・クーリング法は、手鍋で抽出した紅茶を氷で急速に冷やすことで、紅茶の色や香りを損なうことなく冷却する抽出方法なんです。

「アイス・ロイヤル・ミルク・ティー」や「アイス・シナモン・ティー」など620円から770円で、6種類を取りそろえています。

フレーバーティー

ヨーロッパ文化では、フルーツの香りを紅茶と一緒に楽しむ習慣がありました。ロンドンティールームは、英国スタイルのフルーツフレーバーティを770円で堪能できますよ。

果物の香りが楽しめる紅茶の代表といえば、「アップル・ティー」でしょうか。他にもベリー系など、全5種のフレーバーがそろいます。

紅茶以外のメニュー

ロンドンティールームでは、ココア(5種)・コーヒー(3種)・レモネード(2種)が味わえ、値段はそれぞれ620円から870円で、どれもこだわりの材料を使用。

特にココアは、オランダで150年以上の歴史あるチョコレートメーカー「ドロステ」のココアを採用しており、カカオの芳醇な香りを楽しめますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS