価格

低速ジューサー、高速ジューサー共に、その金額はピンキリと言えます。どんな性能が搭載されたものが欲しいのか、容量、大きさなどの項目で金額は変わってきます。どんな特徴を持ったものが欲しいのかを明確にして、そこから同じような金額のいくつかを比べて選ぶといいでしょう。

用途

低速ジューサーは、さらっとした飲み心地のジュースを作ることができます。最近流行った「コールドプレスジュース」「クレンズジュース」は、まさに低速ジューサーで作ったジュースのことを言います。また、冷凍したフルーツや野菜、豆乳などを入れて回すことでフローズンジュースやスイーツを作ることができます。 高速ジューサーは、どんなお野菜やフルーツでもすり下ろすことができる力強さが人気のアイテム。最近では保温機能がついた高速ジューサーなどもあり、スープ用にすりおろした野菜をそのままいただけるようになっています。

ジューサーの選び方

手入れのしやすさ

低速ジューサーは手入れがしやすいこともメリットのひとつ。刃を使わないので取り外し時も洗うときも安全に取り扱えるのはうれしいですよね!使用後すぐであれば水洗いできれいにすることもできます。ただし、部品が多く、慣れるまで時間がかかることもひとつの特徴です。 高速ジューサーは部品が少なく、シンプルに取り外して手入れすることができます。しかし、刃部分が鋭利で間違って怪我をする可能性も。取り外し、洗うときには十分注意するようにしましょう。

サイズ・容量

どんなジューサーがいいのか悩んだときに判断基準のひとつになるのが、大きさや容量です。どんなものにも言えますが、大きなものがいいということではなく、自分の用途や使用する人数などに合わせて選ぶことが重要です。 ひとり暮らしの人が毎朝おいしい手作りジュースを飲みたいというときには、大きなサイズのものよりも他の性能が充実した、コンパクトな容量のジューサーがおすすめですし、収納するスペースによってもどんな大きさを選んでいいかは変わってきます。

人気の低速ジューサーおすすめ4選

1. 硬いお野菜もパワフルにジュース変身

ITEM

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

¥15,020

サイズ:約18.5×17.6×43.2cm

※2018年5月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
石臼の要領でお野菜やフルーツをすり下ろして、食材が持っているビタミンや酵素をたっぷりなままにジュースを作ることができます。スクリュー底部をステンレス化した独自の「ステンレスパーツ一体スクリュー」を採用していることから、今までジュースにしづらかった葉野菜や豆類といった少し硬めのお野菜も扱うことができます。

2. 世界中に愛用者多数!独自の新搾汁システム搭載ジューサー

ITEM

ヒューロム スロージューサー フェラーリレッド H2H-RBA11

¥29,944

※2018年5月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ドラム部分に取り付けられたレバーで搾りかすの排出量を調節、食物繊維などの排出を抑えジュースに残しやすくするなど、今までの低速ジューサーにはなかった機能が備わったジューサー。搾れるジュースの量も大幅にアップ!世界中で喜ばれているオリジナルの搾汁方式「スロー・スクイージング・テクノロジー(Slow Squeezing Technology)」を体感してみてはいかが?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS