種類が豊富♪「カリタ」のコーヒードリッパーおすすめアイテム6選

手淹れコーヒーに欠かせないアイテムであるドリッパーですが、中でもカリタのドリッパーの種類がとっても豊富なんです。その特徴や、抽出されるコーヒーの味わい、ドリッパーの使い方や種類などを、おすすめの6選と併せてご紹介します。

2018年6月7日 更新

味や香り

カリタのドリッパーは、抽出に比較的時間がかかります。例えば2杯分で粉量20gなら、注ぎ始めから蒸らし時間を含めて、抽出し終わるまでにおよそ2分30秒ほどかかるでしょう。カリタのドリッパーで抽出されたコーヒーは、コーヒーらしいしっかりとした強めの味わいがありながら、チョコレートのようなフレーバーが立ち、すっきりとコクのある味わいになります

カリタのドリッパーの種類

カップ式のドリッパー

カップ式のドリッパーの種類はとっても豊富です。磁器製のもの、磁器の中でも波佐見焼で作られたもの、熱伝導性がよくコーヒーが冷えにくい銅製のものや、扱いが簡単で熱くなりにくい樹脂製、さらに軽くて使いやすいポリカーボネート製のものなどもありますよ。

金額もそれぞれで異なりますので、性能と金額を見極めてより好みに近いコーヒーを抽出できるものなど、使い勝手のいいいものを選ぶようにしましょう。

一杯専用のカフェ・トール

カリタには1杯分のコーヒーを抽出するための「カフェ・ウノ」や、たっぷりサイズの1杯が抽出できる「カフェ・トール」というものがあります。サーバーではなく、カップにのせて直接抽出するタイプで、熱変形に強いポリプロピレン製のものや、キズや汚れが付きにくいメラミン製のものがあります。忙しい朝や、手軽に手淹れのコーヒーを楽しみたい時におすすめです。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう