「ポーレックス」のコーヒーミルでいつでも挽きたての一杯を◎

「ポーレックス」はセラミック製品を製造する日本の生活用品ブランドです。中でもスタイリッシュで使いやすいと評判なのが「コーヒーミル」「コーヒーミル・ミニ」。コンパクトで、従来のコーヒーミルの概念を覆すこの製品の特長や価格などをご紹介します。

2018年6月6日 更新

ポーレックスのコーヒーミルとは?

ポーレックスは、キッチンで使うセラミック製品を中心に自社で企画・開発し、国内の自社工場で生産まで一貫して行っている会社です。

ポーレックスのコーヒーミルは、スタイリッシュなだけでなく、パーツを分解・水洗いができます。従来のコーヒーミルは金属製で分解できないものが多く、お手入れしにくいのが課題でした。コーヒーミルに残った粉は酸化しやすく、残りかすがコーヒーの風味にも影響してしまうので、いつでも清潔に使えるのは非常に大きなポイントですね!

ポーレックス コーヒーミルの魅力

洗練されたデザイン

ポーレックスはコンパクトな設計になっており、女性のような小さめの手でもしっかり握ってハンドルを回すことができます。

また、ハンドルが取り外して専用のホルダーに刺しこんで収納できるので、アウトドア用として持ち運ぶときもかさばりません。このハンドルホルダーは滑り止めにもなります。しっかりと握って、さらに楽にコーヒー豆を挽くことができますね♪

風味を損なわないセラミック刃

セラミック製の刃で挽いたコーヒー豆には、金属臭がまったくつきません。そのため、つねにコーヒーそのものの風味を楽しむことができます。セラミックは通常の陶器よりもずっと硬いので摩耗しにくく、金属刃のようにさびの心配もありませんよ!

分解して洗える

ポーレックスのコーヒーミルは外側がステンレスでできています。本体に内蔵されているセラミック刃も外刃・内刃の両方が取り外せるので、刃の内部に入った粉もすべてきれいに洗浄できます。前回挽いたコーヒー豆が混ざらず、いつでも清潔に使えますね♪

粒度調節機能

ポーレックスのコーヒーミルはネジの締め方で、エスプレッソに使うような細挽きからドリップに使う粗挽きまで、粒の大きさを調節することができます。

調節のしかたは、受け容器を外して調節ネジを回すだけ。締めると細かく挽けますが、しめすぎると外刃と内刃がかんでしまうので注意しましょう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう