手作りおままごとキッチンの実例アイデア5選!100均で作るお手軽DIYも

最近流行りの知育玩具「おままごとキッチン」。おもちゃメーカーが発売している既製品もありますが、今注目されているのは自分たちのアイデアで作り上げるDIYおままごとキッチン!今回は、DIYおままごとキッチンのアイデアについてご紹介します。

2018年6月4日 更新

手作りキッチンのアイデア5選

1. セット商品を生かした、ダンボールキッチン

セットで販売されている、既製品ダンボールのおままごとキッチンを生かしたアレンジアイデア。このセットひとつで作ることができて、すべてがそろっているので楽チンにおままごとキッチンを作ることができます。黒板や細々としたインテリアも加えて、自分だけのアレンジを試せると子供たちもきっと喜んでくれるはず!

2. シンク下に「カラーボックス」+ブリックタイルシートでキッチンらしさ増

キッチン下収納としてカラーボックスを持ってきて、コスパよくキッチンの骨組みを手にいれることができました。また、ブリックタイルシートを使うことでよりキッチンらしさを追求できたアイデア。本当のキッチンにもこれくらいスッキリした収納があるとうれしいですよね。

3. 「すのこ」はDIYおままごとキッチンの基本の材料

「すのこ」は、DIYでおままごとキッチンを作る上での大事な基本材料になります。キッチンの骨組み、シンク下収納、または備え付けのパントリーとしてなど、本物のキッチンさながらのおままごとキッチンを組み立てることができます。すのこは100均で買うことができ、欲しいサイズに切ることも可能なのでDIYでなにかを作るときにとても便利なアイテムです!

4. ALL100均アイテムのおままごとキッチン

全体の骨組みに100均の「すのこ」、そしてシンクにも100均で手に入る「バット」を使用したDIYおままごとキッチン。そのほとんどが100均製品からできているとは思えないくらいのハイクオリティな佇まいで、とってもおしゃれです。シンク下にカラーボックスを使って、すのこで作った扉、そして引き出しをプラスして使いやすさもUP!

5. カラーボックスで作った冷蔵庫が本格的

すのこ、ボウル、鍋敷きを使ったおすすめDIYアイテムを使ってできた、フェミンニンな印象のおままごとキッチン。そのフェミニンな雰囲気をより引き立てているのは、キッチンの隣にあるパステルカラーの冷蔵庫!カラーボックスを使って、扉をつけてできた冷蔵庫です。普段はおもちゃをしまう収納としても役立ちそうですね。

DIYおままごとキッチンで「お手伝いデビュー」の予行練習♪

お母さんやお父さんの真似をすることが大好きな子供たち。特にキッチンに立つ姿って、とても刺激的で学ぶことがいっぱいある場所。キッチンでのお手伝いに先駆けて、おままごとキッチンでイメージトレーニングをしておくといいことがあるかも!? DIYのキッチンは、工夫次第で100均やホームセンターでパーツを集めてオリジナルを作ることができます。お家のキッチンそっくりのおままごとキッチンをDIYしてみて、来たる「お手伝いデビュー」に備えてみてもいいですね!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS