ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

段ボールキッチンの魅力と作り方

段ボールだからアレンジは自由自在!

リーズナブルな価格で評判の段ボールキッチンですが、どこにでもある段ボールが材料であることから、最近は手作りするママが増えています。 ごくシンプルな形のキッチンから、「え?これが段ボール!」と思うほど見事な出来栄えや凝ったキッチンまであり、ママのアイデアとセンスで自由にアレンジできるところが人気の秘密です。

段ボールでも強度や仕組みはしっかり

「段ボールは紙だから簡単につぶれるのでは?」と心配なママもいると思いますが、段ボールは思ったより強い材質で、段ボール製の仮設住宅が作られるほどです。 特に市販の段ボールキッチンは強度や安全性に配慮してあり、小さなお子さんの力では簡単に壊れません。もちろん上にのったり、飛び跳ねたりするのはNGですが♪

使わなくなっても処分しやすい

お子さんが玩具やままごとセットを使わなくなったら、大きなものはどうしても処分に困りますよね。その点、段ボールキッチンの処分は簡単です。段ボールは資源としてリサイクルされますので、キッチンをつぶして段ボール以外のものを外して、まとめて資源ごみの日に出してください。

工具不要で作り方や組み立ても簡単

段ボールキッチンを作るのにドライバーなどの工具はいりません。段ボールを切るためのカッターやはさみ、貼りつけたり、補強するための糊とテープがあれば十分。普段から工具を使い慣れていない女性にはうってつけですね。むしろ女性ならではのセンスと繊細さで上手に作れますよ♪

おすすめ人気段ボールキッチン製品3選

1. お好みの色に「ままごとキッチン」

ITEM

ダンボール製 ままごとキッチン

サイズ:幅540×奥行320×高さ560mm

¥3,980〜 ※2018年05月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

自分で組み立てる段ボールキッチンです。白色なので色を塗ってもいいですし、お子さんに落書きのように絵を書いてもらってもOK!蛇口から水(青い紙)が出たり、コンロが赤くなったりと細かい工夫がされています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS