夫婦ふたり暮らしの食費の相場は?簡単な節約術とおすすめレシピ5選

夫婦ふたり暮らしの食費の目安がどれくらいかをご存知でしょうか。何も気にしないで生活していれば大体4万円といわれていますが、あなたのご家庭では使いすぎていませんか?今回は、ふたり暮らしの食費の節約術を紹介していきます。

夫婦ふたりで食費はいくら?

夫婦が二人ふたりさんであれば、今後どの程度を目安に食費を設定していけばいいのかは気になるポイントですよね。

ひとり暮らしとは違って、生活スタイルの異なるふたりが一緒に暮らしていくわけです。当然食生活も違っていたはず。夫婦の食費をどのように設定し、節約していくかはとても大事です。

では、夫婦ふたりの食費の相場から、節約術、節約レシピまで詳しく見ていきましょう。

夫婦1ヶ月の食費の相場は?

内食だけの相場は?

夫婦ふたりで暮らす場合、外食しない食費の相場はどれくらいかというと、節約して切り詰めれば2万円程度、節約に気をつけなければそこから3万円までの間、といった感じです。

ひとり暮らしの場合の相場が1万5,000円から2万円台ですが、ふたりになったからその倍になる、という単純なものではありません。食材をひとり分だけ購入するというのはなかなか難しく、食材をだめにしてしまう方も多いのが実情。ふたりになった分、ロスが減って逆に節約になるといえます。

外食込みの相場は?

外食込みであれば、その頻度にもよりますがだいたい3万から4万円程度とされています。夫婦共働きで外食の頻度が高ければそれ以上になることもあるので一概にはいえませんが、これは生活スタイルによって変動すると考えておいてください。

食費の理想は収入の15%程度とも言われています。外食のしすぎで食費がかさむと家計を圧迫してしまうので、ある程度は目安を設けてから行動するよう心がけましょう。

夫婦で頑張る食費節約術5選

1. ランチはお弁当持参

夫婦共働きでもそうでなくても、毎日のランチを外食にしてしまうとかなり出費がかさんでしまいます。そのため、平日のランチはなるべくお弁当を作って持参するようにしましょう。

ランチを外食にすると500から1,000円はかかりますが、お弁当にすれば200円以下で済ませることができます。

2. 外出の際はマイボトルを

ランチの際の飲み物、ちょっと出かけてのどが渇いたときなど、ついつい自動販売機やコンビニで飲み物を買ってしまうことがありますよね。これも節約にはよくありません。なるべくマイボトルを持って出かけるようにしましょう。

コーヒー1杯であっても、ペットボトルなら100から150円、コーヒーショップなら500円以上かかることも。マイボトルであれば10円程度で済みます。

3. 作り置きおかずで品数を増やす

毎日おかずを用意するのはとても大変です。でも、品数が少ないと栄養が偏り、食事もたのしくありません。そこで、作り置きおかずを一度に作っておき、毎日の食事にちょっとずつ出すようにすると便利です。

作り置きおかずは品数を増やせるメリットのほか、お惣菜を買わなくて済む、一度に食材を消費できることから食費の節約にもつながります。

4. かさまし食材を活用

生鮮野菜、精肉は基本的に価格が高いですよね。野菜はとくに気候によって価格が変動しやすく、場合によっては高騰します。

そんなときに便利なのがかさまし食材。野菜なら、一年中価格が安定しているもやしや豆苗などをメニューに取り入れましょう。これらは安いのでたっぷり使うことができ、おなかいっぱいになります。

5. 買い物は計画的に

最後に、食費の節約でもっとも大事なのは計画性です。食費にどの程度割くのか、あらかじめ設定金額を設け、毎月目標を立てて行動するようにします。

週に何度買い物をするのか、外食はどの程度か、先に考えて行動することで、余計な出費を防ぐことができます。買い物に行く前に「今日は○○円まで」と決めておき、予定外のものはなるべく買わないようにしましょう。

夫婦でひと月2万!節約レシピ5選

1. 手作り餃子【二人前約500円】

特集

SPECIAL CONTENTS