度数

獺祭は、山田錦の磨き具合によって種類が分かれます。オーソドックスなのは「純米大吟醸50」でこちらはアルコール度数16度。「純米大吟醸磨き二割三分」は15度。ほかにも、スパークリングや熱燗向けの商品もありますが、どれも14~17度におさまっています。

カロリー

日本酒は、お米を原料としているのでカロリーが高いと思われがち。確かに、低くはないのですが、ビールのようにガブガブ飲むものではないので、1回の摂取量でみるとさほど高くありません。 100mlあたりでみると、日本酒100kcal、ビール40kcal。しかし、日本酒をおちょこ1杯分にすると30kcal、ビールジョッキ1杯だど170kcal。どれくらい飲むのかで計算するといいですね。

定価・販売店

獺祭720mlあたりの定価を見てみると、「純米大吟醸 50」は1,539円。39%まで山田錦を磨いた「純米大吟醸 磨き三割九分」は2,418円。23%まで磨いた「純米大吟醸 磨き二割三分」は5,142円。 スパークリングは「純米大吟醸 スパークリング50」1,944円、「磨き三割九分 スパークリング」3,348円で販売されています。 さらに「遠心分離」は3,780円~、最上級の「磨き その先へ」は32,400円です。

獺祭の種類は?人気銘柄5種

1. まずはこれから「獺祭 純米大吟醸 50」

ITEM

獺祭(だっさい) 純米大吟醸 50 1800ml

内容量:1800ml

¥3,078〜 ※2018年05月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

獺祭の入門編ともいえる「純米大吟醸 50」。お値段もお手頃で、まずは獺祭がどんなものか試してみたい方には、こちらがオススメです。スッキリとした辛口ですが、後味はほんのり甘くて、とにかく飲みやすいのが特徴。

2. 遠心分離を取り入れた「獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き三割九分」

ITEM

獺祭(だっさい)純米大吟醸 遠心分離 磨き三割九分 720ml

内容量:720ml

¥3,780 ※2018年05月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

製造過程で遠心分離を取り入れたもの。圧力をかけずに搾るので、雑味のないまろやかな味わいです。もろみが持つ豊かな香りがふわっとひろがり、上品な仕上がり。獺祭を飲んだことがある方への贈りものとしてもオススメです。

3. 日本酒なのにスパークリング?「獺祭 発泡にごり 純米大吟醸」

ITEM

獺祭 (だっさい) 発泡にごり 純米大吟醸50 720ml

内容量:720ml

¥1,944 ※2018年05月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

日本酒でスパークリングとなると、かなりパンチのありそうなイメージですが、獺祭のにごり酒でつくるスパークリングはとても飲みやすく女性にもオススメです。キリっとした味わいのなかに、豊かな香りが漂います。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ