「㐂六(きろく)」ってどんな焼酎?知らないと損する傑作

明治18年創業の老舗で、「百年の孤独」などの有名な焼酎で知られる黒木本店。この歴史ある会社で醸造されているこだわりの芋焼酎が「㐂六(きろく)」です。芋独特の香りや風味、そして濃厚のコクが楽しめる傑作焼酎。その魅力をぜひ知ってください♪

黒木本店の芋焼酎「㐂六(きろく)」

「百年の孤独」や「野うさぎの走り」などで有名な、宮崎県の黒木本店の「㐂六(きろく)」。穀物のやさしい甘みとしっかりとした厚みのある香りが特徴の芋焼酎です。フタを開けると、芋焼酎特有の豊かな香りが広がり、口に含むとわずかに香ばしい風味やコクが感じられます。それでいて、後味はすっきりしているのも魅力。

水割りでいただくと、風味がより豊かになるのでおすすめです。お湯割りにすると、持ち前の風味がやわらかくなり、丸みを帯びた味わいが楽しめるように。

宮崎県児湯郡・黒木本店の焼酎づくり

創業明治18年 焼酎一筋

芋焼酎「㐂六(きろく)」を造っているのは、宮崎県児湯郡高鍋町にある「黒木本店」。創業は明治18年で、蒸留釜から最初の一滴が誕生してから、ひたすら焼酎ひと筋に精進し続けてきたとのこと。

また、ただ焼酎を造り続けるだけでなく、土地に根ざした伝統文化である焼酎をしっかりと継承して、さらに研鑽をおこたることなく理想を追求しています。

自然と原料へのこだわり

土地に根ざした伝統文化として焼酎を考えている「黒木本店」。そのため、焼酎造りを原材料を生産する農業から始めています。その土地を耕して種を蒔いて、栽培から収穫までおこなっているのです。さらには、製造の過程で発生する廃棄物は肥料として有効活用。自然のものを自然に還しています。

時間と手間を惜しむことのない自然への考え方と付き合い方が、「黒木本店」が造りあげる焼酎を特別なものにしているのです。

「㐂六」おいしさの秘密

名前の由来

「㐂六(きろく)」という名前は、製造元の黒木本店の「くろき」を反対から読んだことに由来するのだとか。「喜」の草書体が「七」を3つ書いたような字であることから、「七七七六」と書いて「きろく」と読むのだそう。

また、「黒木本店」の住所のさいごは「776」。このことが由来のひとつと思われがちですが、実はご主人も命名したあとに気づいたことなのだとか♪

黄金千貫の芋焼酎

焼酎というお酒には、原料の個性が強く反映されるという特徴があります。そのため、より上質な焼酎を造るためには、より上質な原料が必要となってくるのです。

芋焼酎「㐂六(きろく)」で使用する芋は、厳選した良質の「黄金千貫」です。そして水は、自然豊かな尾鈴山の水脈から流れでる小丸側の伏流水とされている地下水。この良質な軟水をろ過して、焼酎に理想的な水に仕上げます。

もちろん、仕込みや蒸留などの製法にいたるまでも徹底的にこだわりよう。そうすることではじめて、傑作の芋焼酎「㐂六」が誕生するのです。

黒木本店の本格芋焼酎「㐂六(きろく)」

㐂六の度数・カロリー

「㐂六(きろく)」のアルコール度数は25度。一般的な焼酎のアルコール度数と同じです。

「㐂六」を含む芋焼酎のカロリーは、100gあたり146kcalくらい。このカロリーの数値は、ほかのお酒と比べると高めです。けれども、芋焼酎は脂質もタンパク質も含まれていません。そのため、身体に残りにくいお酒なのです。

飲み方

芋焼酎「㐂六(きろく)」は、ストレートやオンザロックでも十分にその香りや味わいが楽しめるお酒。けれども、おすすめの飲み方は水割りやお湯割です。水割りにすると、そのままストレートで飲むよりも風味が豊かに。また、お湯割りにすると、風味がやわらかくなり丸みのある味わいが楽しめるようになります。ぜひ試してみてください♪

冬季限定「㐂六 無濾過」

特集

SPECIAL CONTENTS