「㐂六(きろく)」ってどんな焼酎?知らないと損する傑作

明治18年創業の老舗で、「百年の孤独」などの有名な焼酎で知られる黒木本店。この歴史ある会社で醸造されているこだわりの芋焼酎が「㐂六(きろく)」です。芋独特の香りや風味、そして濃厚のコクが楽しめる傑作焼酎。その魅力をぜひ知ってください♪

2018年5月14日 更新

黒木本店の芋焼酎「㐂六(きろく)」

「百年の孤独」や「野うさぎの走り」などで有名な、宮崎県の黒木本店の「㐂六(きろく)」。穀物のやさしい甘みとしっかりとした厚みのある香りが特徴の芋焼酎です。フタを開けると、芋焼酎特有の豊かな香りが広がり、口に含むとわずかに香ばしい風味やコクが感じられます。それでいて、後味はすっきりしているのも魅力。

水割りでいただくと、風味がより豊かになるのでおすすめです。お湯割りにすると、持ち前の風味がやわらかくなり、丸みを帯びた味わいが楽しめるように。

宮崎県児湯郡・黒木本店の焼酎づくり

創業明治18年 焼酎一筋

芋焼酎「㐂六(きろく)」を造っているのは、宮崎県児湯郡高鍋町にある「黒木本店」。創業は明治18年で、蒸留釜から最初の一滴が誕生してから、ひたすら焼酎ひと筋に精進し続けてきたとのこと。

また、ただ焼酎を造り続けるだけでなく、土地に根ざした伝統文化である焼酎をしっかりと継承して、さらに研鑽をおこたることなく理想を追求しています。

自然と原料へのこだわり

土地に根ざした伝統文化として焼酎を考えている「黒木本店」。そのため、焼酎造りを原材料を生産する農業から始めています。その土地を耕して種を蒔いて、栽培から収穫までおこなっているのです。さらには、製造の過程で発生する廃棄物は肥料として有効活用。自然のものを自然に還しています。

時間と手間を惜しむことのない自然への考え方と付き合い方が、「黒木本店」が造りあげる焼酎を特別なものにしているのです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう