ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

一度は食べたい!徳谷トマトとは

※画像はイメージです

徳谷トマトの味わいと特徴

「徳谷(とくたに)トマト」は、フルーツトマトの一種。濃厚な甘味が特徴で、その甘さは、ほかのフルーツトマトとは格段の差があると言われています。ひと口食べればジュワッと果汁が溢れ、まさに「フルーツ」のようなトマトなのです。追熟させると、さらに濃厚な味わいになりますよ。

徳谷トマトの生産地

徳谷トマトは、高知市の徳谷地区で生産されています。栽培している農家はわずか10数軒ほど。この徳谷地区で栽培されていないと「徳谷トマト」を名乗ることはできません。

高知市中央市場では12月から7月中旬頃まで取引がおこなわれており、そのなかでもおいしい旬の時期は、2月下旬から4月下旬ごろと言われています。

限られた農家にしか作れない徳谷トマト

※画像はイメージです
通常の農産物とは違い、徳谷トマトは番号を付けて流通しています。この番号は、トマトを作った農家を表す生産者番号です。農家によって畑の土壌成分や栽培方法が微妙に違い、その味わいは大きく異なります。そのため、出荷の際に番号が振られているのです。

徳谷トマトの販売店

※画像はイメージです
徳谷トマトは、高知県の八百屋やスーパーなどで、販売されていることもあります。しかし、徳谷トマトは、生産量が限られている希少なもの。流通量が少なく、売り切れという場合もあるので、事前に問い合わせをするのがおすすめです。通信販売を利用するというのも手でしょう。

通販で買える徳谷トマト

1. 果実庵「徳谷トマト」

ITEM

果実庵 徳谷トマト

¥2,580

内容量:約300g

※2021年5月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
お試しに徳谷トマトを購入したいなら、こちらが最適です。内容量が300gで、個数は大きさによってかわり3〜16個。ご家庭でも消費しやすい量ですね。ラッピングやのしにも対応されているので、贈り物にもぴったりですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ