2. 豆の品質への強いこだわり「ジニスコーヒー(Diniz Coffee)スペシャルティコーヒー」

ITEM

ジニスコーヒー Diniz Coffee スペシャルティコーヒー

内容量:200g

¥値段情報がありません ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

鹿児島のコーヒー専門店「ジニス」。白いパッケージに黒のスタイリッシュなロゴからしておしゃれなコーヒーという印象ですが、豆に対する強いこだわりが最大の魅力です。ジニスは豆の産地だけでなく、品質のいい豆だけを選び分けることに力を入れているため、最高の品質のコーヒーを飲むことができます。

3. 薫り高いコーヒー「カークランド(KIRKLAND) シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンドコーヒー 」

ITEM

KIRKLAND (カークランド) シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンドコーヒー

内容量:907g

¥1,980 ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらのコーヒーは、パッケージの見た目こそ違いますが、スターバックスのハウスブレンドと同じもの。スターバックスで買うと高いですが、こちらは同じ品質、香り、味の豆を安く買うことができるのでとてもコスパがいいです。淹れてみると、スターバックスのハウスブレンドそのままのいい香りがしますよ。

4. カルディ人気のコーヒー「カルディ(KALDI)マイルドカルディ」

ITEM

【焙煎珈琲】マイルドカルディ

内容量:200g

¥496〜 ※2018年05月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

コーヒーがおいしいと人気の「カルディ」の看板ブレンドコーヒーです。酸味と苦みのバランスがよく、すっきりとした口当たりのコーヒー。マイルドカルディの特徴は、ブラジル豆特有の甘さとやわらかさです。

粉タイプのおすすめレギュラーコーヒー4選

5. 苦みと深みのある味「カルディ(KALDI)リッチブレンド」

ITEM

焙煎珈琲 リッチブレンド

内容量:200g

¥1,098 ※2019年10月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

豆タイプでも紹介したカルディの粉タイプレギュラーコーヒーです。もっとも人気なのはマイルドカルディですが、このリッチブレンドも人気。酸味よりも苦みの強い味で、深煎りならではのコクがあるのが特徴のコーヒー。こちらは中挽きタイプです。

6. 大容量でお手軽「マキシム レギュラーコーヒー ちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャルブレンド」

ITEM

マキシム レギュラーコーヒー ちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャルブレンド

内容量:1000g

¥値段情報がありません ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

どのスーパーでも手に入れやすいマキシムの粉タイプレギュラーコーヒーです。有名な大手メーカーのため、大容量なのに比較的安価でコーヒーが飲めるのが嬉しいですね。深煎り、粗挽きタイプです。

7. エスプレッソ本場のブランド「イリー(illy)エスプレッソ粉(ダークロースト)」

ITEM

illy(イリー) エスプレッソ粉 ダークロースト

内容量:250g

¥1,080 ※2018年05月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「イリー」は、エスプレッソの本場イタリアのブランド。世界的に愛されるコーヒーブランドのひとつです。高品質の豆を使用し、ていねいにローストして作られたエスプレッソ専用のレギュラーコーヒーは、本場で業務用としても使われているほどの確かなおいしさが魅力です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS