ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

そもそもレギュラーコーヒーとは?

レギュラーコーヒーとは、焙煎したコーヒー豆、あるいは豆を挽いて粉末状になったもののことです。

もしかすると、ブレンドコーヒーと混同している人もいるかもしれません。ブレンドコーヒーとは、複数種類のコーヒーを合わせたものです。

レギュラーコーヒーかつブレンドコーヒーであることも、しばしばあります。

インスタントコーヒーとの違い

レギュラーコーヒーの対になるのが、インスタントコーヒーです。インスタントコーヒーは液体のコーヒーを乾燥させたもの。お湯を注ぐだけでコーヒーを淹れることができます。

レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーに比べて手間がかかりますが、味わいや香りでは勝ります。シーンによって使い分けると、それぞれの良さを活かせますね。

レギュラーコーヒーとドリップコーヒーの違い

レギュラーコーヒーをドリップして抽出したものが、ドリップコーヒーです。円錐状の容器に紙のフィルターをセットし、その中にコーヒー粉を入れてお湯を注ぐペーパードリップは、知っている人も多いでしょう。

そのほかに、布でできたネルや、金属製のフィルターを使って抽出したコーヒーも、ドリップコーヒーと呼ばれます。

レギュラーコーヒーの種類

豆タイプ

コーヒーにこだわりがある人には、好きな挽き方が選べる豆タイプがおすすめです。コーヒーミルを使って極細挽きから粗挽きまで、お好みの挽き目でコーヒーを淹れることができます。

挽き目の細さは、コーヒーの味わいを決める大きな要素です。基本的には、細く挽くほど苦くなり、粗く挽くほど酸味が強くなると覚えておくと良いでしょう。

粉タイプ

粉タイプのレギュラーコーヒーは、コーヒーメーカーやドリッパーに紙フィルターセットして抽出するだけなので手軽です。豆を挽く手間がかからず、小分けのドリップタイプよりも大容量で安価に手に入ることは大きなメリットでしょう。

ただ、粉タイプのレギュラーコーヒーは挽き方が決まっているので、コーヒーへのこだわりが強い方には向きません。どうしても好みの挽き方が良いという場合は、コーヒー専門店で豆を購入し、その場で好みの挽き方に挽いてもらいましょう。

ドリップタイプ

ドリップタイプのレギュラーコーヒーは、もっとも手軽に淹れられます。1杯分のコーヒーがドリップパックに入っており、カップにセットしてお湯を注ぐだけでコーヒーのできあがりです。

1杯分の価格が粉タイプよりも高くなるので、安くておいしいコーヒーを飲みたいのであれば粉タイプを買ってドリップをするのが経済的です。ドリップタイプは値段よりも手軽さを優先する人に向いています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ