失敗しない水筒の選び方!おしゃれで機能的なおすすめアイテム10選

エコが浸透しつつある中、いつでも手軽に水分補給ができる水筒が再注目されています。おしゃれで機能的なもの、保冷と保温両対応のアイテム、中にはビールや炭酸がOKなボトルも。水筒選びのポイントと併せて、おすすめのアイテム10選をご紹介します。

2018年5月14日 更新

失敗しない水筒選びのポイント

毎日使うなら洗いやすい形を

毎日使うなど、使う頻度の高い方には、洗いやすい形の水筒をおすすめします。飲み口が広く、肩との差が少なくストレートな形状のものがいいでしょう。キャップやコップもあまりでこぼことした仕組みのものではなく、シンプルな構造のものがおすすめです。

容量の目安

オフィスの冷蔵庫にペットボトルを置いておける方や、水筒の他にも水分を補給できる環境があるなら、300~500mlの小型タイプがおすすめ。ショッピングやおでかけの際には500~1,000mlを目安に。1,000ml以上のものは、水分を確保できる環境が少なかったり、消費量が多いレジャーやスポーツの際に選びましょう。

子供や女性には軽量型がおすすめ

オフィスやショッピングなど女性がおでかけに持ち歩くのであれば、かばんにサッと入るコンパクトで軽量なものがおすすめです。荷物が多くなりがちなお子さんに持たせる水筒も、軽量タイプを選んであげるのがよいでしょう。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう