ドンペリニヨンの魅力を徹底解説!グレード別の特徴と価格も

ドンペリニヨン、通称ドンペリといえばお酒を飲む人なら、誰でも耳にしたことがありますよね。もちろん飲んだことのある人も多いはず。そんなドンペリとはどんなお酒なんでしょう。ドンペリニヨンの原材料や製法、魅力からグレードごとの特徴をご紹介します。

2018年5月1日 更新

圧倒的な人気の「ドンペリニヨン」

一般的に発泡ワイン全般をスパーリングワインと呼びますが、シャンパンはそのなかでも厳密な決まりをクリアしたものだけが許される名称なんです。

具体的にはシャンパーニュ地方産のぶどうを使用し、シロップやリキュールの添加、瓶内二次発酵製法や15ヶ月以上の熟成などの条件があります。そのため普通のスパーリングワインよりも高価なことが多いですね。

ドンペリニヨンという商品名のシャンパン

シャンパンを製造しているフランスのモエ・エ・シャンドン社には、品質のいいぶどうが採れた年だけ作り、収穫年をラベルに記載し、8年以上熟成させた特別なシャンパンがあります。それがドンペリニヨンで、ほかのシャンパンよりさらに高いお酒として有名です。

ドンペリニヨンの原材料と製法

ドンペリニヨンの製法自体はほかのシャンパンと変わりませんが、一番の特徴が原料であるぶどうの違い。品種もシャルドネとピノ・ノワールという定番のぶどうですが、採れる畑が違うんです。

シャンドン社が所有する畑のなかでも、陽当たりがよくもっとも樹齢の古い区画のぶどうを使用します。ここでは力強いぶどうができますが、収穫量が少ないのが難点。また思うようなぶどうができない年は、製造しないという徹底ぶりで知られます。

ドンペリニヨンの価格はなぜ高いの?

すでに述べましたように、厳選された区画から採れた希少なぶどうだけを使用し、ほかでは見られないほど長期熟成させたシャンパンですので、高いのは当然ともいえます。

8年間熟成させた一番スタンダードなドンペリニヨン白は、通販で平均1万5千円前後が相場です。ロゼは10年近く熟成させるため、平均で3万円以上もします。さらにはドンペリ黒やゴールドと呼ばれる高価なものも!続いてそれらの特徴と価格をご紹介します。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう