7. 片手でも注ぎやすい!「ベストコ ダブルステンレス テーブルポット」

ITEM

ベストコ ダブルステンレス テーブルポット

容量 :1L、サイズ:幅17.5×奥行14.5×高さ19cm

¥1,630〜 ※2018年04月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

高さ19cmのコロンとした形の保温ポットです。本体も内ビンもステンレス製なので軽くて丈夫、保温だけでなく保冷もOK。中まできれいに洗うことができる広口タイプです。簡単なワンタッチレバー式なので、片手で注ぐこともできます。

8. 開閉が楽なワンタッチ式「ベストコ ステンレスポット バキュームジャグ」

ITEM

ベストコ ステンレスポット バキュームジャグ

容量 :1L、サイズ:(約)幅19.5×奥行13.5×高さ24.5cm

¥2,196 ※2018年04月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

おしゃれで軽く、持ち運びしやすい保温ポットです。内側はステンレス、外側もステンレスですが、アクリル樹脂塗装が施されています。フタの開け閉めがラクなワンタッチ開閉式。保温効力は66℃・10時間、12℃・10時間となっています。

9. たっぷり入る2.2L!「象印 押すだけポット」

ITEM

象印 押すだけポット

容量 :2.2L、サイズ:幅18.5×奥行24.5×高さ31cm

¥4,838〜 ※2018年04月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

持ち運びしやすいハンドル付きの保温ポットです。内ビンはガラス製なので、コーヒーや紅茶を入れてもにおい移りを抑えてくれます。保冷も可能、軽く押すだけで注げる「らくらく給湯」のほか、傾斜もれ防止、水量が見えるなどさまざまな機能が付いています。

10. 大きなプッシュボタンで押しやすい「サーモス ステンレスエアーポット」

ITEM

サーモス ステンレスエアーポット

容量 :2.2L、サイズ:(約)本体幅19×奥行25×高さ27.5cm、口径7cm

¥4,780〜 ※2018年04月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

持ち運びしやすい大きなハンドル、軽く押せる大きなプッシュボタン、部品の取り外しも簡単という、使い勝手のよい保温ポットです。ポットの底が回転するので、向きを変えるのもラクラク。保冷もOK、広口なので大きな氷も入ります。

いつも清潔な状態で!洗いやすい保温ポット4選

11. 丸洗いOK!「タイガー ステンレスポット」

ITEM

タイガー ステンレスポット

容量 :1.2L、サイズ:12.7×16.3×20cm

¥3,229〜 ※2018年04月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

内ビンがステンレス製のポットです。保温・保冷どちらもOKで、フタの着脱はワンタッチ。本体が丸洗いできることもポイントです。洗いやすく、持ちやすく、デザインも◎。保温力には定評があります。

12. 飽きのこないデザイン「マルーナ 真空二重ステンレステーブルポット」

ITEM

マルーナ 真空二重ステンレステーブルポット

容量 :600ml、サイズ:(約)10.7×14.6×16.3cm

¥1,583〜 ※2020年01月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

コンパクトで使いやすい、真空二重ステンレスポットです。保温・保冷もOKで、片手でも注ぎやすいレバー式。大きな氷もラクラク入れることができます。シンプルなデザインなので、飽きることもありません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS