電気ポットの電気代ってどれくらい?ケトルとの比較や節約術を解説!

あつあつのお湯がいつでも使える電気ポット。コーヒーやカップ麺にも使えてとっても便利ですが、どれだけの電気代がかかっているのかご存知でしょうか?電気ポットにかかる電気代に注目、電気ケトルとの比較など、節約できる電気ポットも3つご紹介します。

2018年5月28日 更新

容量も消費電力もさまざまな電気ポット

お湯を簡単に沸かせる電気ポットは、保温機能などもありとっても便利ですが、どのくらいの電気代がかかっているのでしょうか。電気ポットの容量は、標準的なもので2リットル前後のものが多く、大きいものでは3リットルや4リットル以上のものもあります。

大きなものはご家族でお湯を使われるご家庭や、来客などで一度に多くのお湯を使うことがある場合に向いていますが、容量が大きくなる分消費する電力も多くなりますよ。

電気ポットにかかる電気代について

沸かすのにいくら?

容量2.2リットルで標準的な機能の電気ポットである、タイガー「CD-WU22」の場合でご説明します。取扱説明書によれば、湯沸かし時の消費電力は700w、2.2リットルを沸騰させるまでの時間が約24分とあります(室温・水温23℃の場合)。つまり、2.2リットルのお湯を沸かすのに必要な電力量は0.280kWh。1kWh当たりの電気代を27円で計算すると、約8円(7.56円)となります。

保温するのにいくら?

先ほどのタイガー「CD-WU22」の取扱説明書によると、1日の消費電力量は0.99kWh、再沸騰にかかる時間は満水で5~8分とあります(※)。つまり、1日あたりの電気料金は約27円(26.73円)、再沸騰にかかる金額は約2円(1.58円~2.52円)。湯沸かし2回分の金額(約16円)を差し引くと、保温には約9円かかっていることになります

※日本電機工業会自主基準による測定(室温・水温23℃、給水2回/日、湯沸かし2回/日、再沸とう1回/日、保温90℃で23時間/日、365日/年、新電力料金目安税込み単価27円/kWhで計算)
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう