ライター : rieyutenji

フランスのアルプス地方在住24年。横浜出身の3子の母です。日本では編集部に勤務。渡仏後、執筆業に。でもデジタルな仕事には不慣れで、古い頭を掃除&改革中。フレッシュな気持ちと姿…もっとみる

100均のカッティングシートで気軽に簡単リメイク♪

100均で売っているカッティングシートでなら気楽に挑戦できそうですよね。しかも木目調やタイル柄、レンガ模様など種類も驚くほど豊富。ガラス張りだったテーブルが木製になったりしたらダイニングもモダンからレトロに大変身!

材料

・カッティングシート:100均での名称は「リメイクシート」。テーブルの20cm以上の大きさで。 ・カッター ・物差し:カットする時だけでなく、シートを貼る際に空気を抜くのにも使用するので、なるべく大きめの物を用意。 ・ニス&ハケ:最後のコーティング用。紙の感じやつなぎ目を隠せ、高級感が出ます。必要ないと思われる方は不要。 ・ドライヤー:角にシートを貼る際に使用。熱で伸びないシートの場合は不要。

カッティングシートでの簡単リメイク方法は4段階

1. テーブル表面のそうじ まずはほこりや汚れの拭き取り。また凹凸や傷があるとシートを貼った後に目立つので大きな傷や凹みがある場合は補修用品で滑らかに。これも100均で売っていて簡単に補修可能。 2. シートを貼る テーブルの表面から開始。端から順番に物差しを使って空気を抜きながら慎重に貼っていきます。この部分さえ丁寧にすればリメイクはおおむね完成。 3. 角のシート貼り シートを引っ張りながら角に貼っていきます。余分な部分はカッターでカット。熱で伸びてくれるシートもあり、テーブルの角が複雑な形やいびつな場合はドライヤーの熱で伸ばせるのでとても便利。 4. ニス塗り おすすめはニスをたっぷり使うことと3度塗り。3度塗ることでニスのムラがなくなり、テーブルの凹凸も滑らかに。本物感や高級感がグンとアップ。

壁紙でもリメイク可能!

壁紙でもリメイクできます。糊付きの壁紙ならさらに楽々♪

おしゃれ度高いタイル・リメイク

時間は少しかかりますが、タイルの色や形、並べ方で完全にオリジナルな個性あふれるテーブルになります。また水をはじくので汚れを簡単に拭き取れるのも嬉しいところ。

材料

・タイル ・目地ゴテ&ゴムコテ(一体型) ・接着剤 ・平らな板(まな板など) ・ハンマー ・スポンジ ・ぞうきん
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS