ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

丸テーブルでお部屋を優しい雰囲気に!

丸テーブルを置くメリット

コミュニケーションを取りやすい

丸テーブルはそこに集まる人全員がテーブルの中心に向かっているので、お互いの顔を見ながら座ることができ、自然とコミュニケーションが生まれる空間になります。テーブルが長方形の場合は横並びに座ることができるので、顔をあわせる必要がなく、コミュニケーションがない場所になることも考えられます。

形の癒し効果

人間は曲線に癒しや美しさを感じる生き物です。テーブルというインテリアの中でも大きなものに丸い形を取り入れることで、その空間全体を柔らかく優しい雰囲気に仕上げてくれます。また、日本人にはちょっぴりノスタルジックな印象を与えるテーブルの形なので、流行りのレトロをコンセプトにしているお部屋にぴったりのテーブルです。

角が少なく、ぶつける心配が少ない

丸いテーブルは角がなく丸くなっているので、子供が顔や頭をぶつけてしまう危険性が少ない形。ぶつかって怪我をする心配が排除できるので、お子さんがいるご家庭におすすめの形です。

丸テーブルのデメリット

幅をとる

丸テーブルのデメリットとしてよく言われるのは、見た目以上に幅をとるということ。長方形のテーブルは横並びに座ることや、壁にくっつけることでスペースを調整して使うことができますが、丸テーブルはそうもいきません。4人掛けであれば四方に座るスペースが必要ですし、壁につければ不必要な隙間が壁とテーブルの間にできてしまうことに。丸テーブルを有効に使うためには、それなりのスペースが必要ということになります。

すてきな丸テーブルの選び方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS