ダイニングテーブルの高さの選び方!しっかりコツを押さえよう

みなさんのダイニングテーブルは、椅子とテーブルの高さはあっていますか?お気に入りの椅子と合わせて使いたいとき、天板の高さはとても重要。姿勢が崩れて体調も悪くなってしまいそう。今回は失敗しない選び方や、選ぶ上でのポイントなどをご紹介します。

2018年4月19日 更新

ダイニングテーブルは高さが大事

毎日の食事には欠かせないダイニングテーブル。みなさんはどのように選びますか?

食事やパソコン作業、趣味を楽しめる「大きさ重視」お部屋のインテリアに合わせて同じテイストに合わせたい「素材重視」など、選ぶ基準は人それぞれ違いますよね。みなさんが何を重視してもかかわりがあるものがあります。それは「テーブルの高さ」なんです。

ダイニングテーブルは椅子とのバランスが大事

「テーブルの高さが気になる」あなたは、今お使いの椅子とのバランスを確かめてみましょう。椅子が低すぎたり、高すぎたりするとお気に入りのダイニングテーブルも使いづらくなってしまいます。

ポイントは椅子の座面から、テーブルの天板までの高さが25cmから30cmあるものがベスト。この長さは、使う人の身長によって異なるので、ファミリーの方は背の高い人に合わせるのがよいでしょう。

ダイニングテーブル選びで気をつけたいポイント

椅子のサイズはテーブルにあっているか

座る、立つ、収納するの3つのアクションを起こすには、椅子の大きさがテーブルにぴったり合っていることが必要です。座ったときに、テーブルの脚の中に椅子が入らないと、椅子だけが突き出てしまって使い勝手がよくありませんね。
使うシーンなどを想像しながら、使うすべての椅子がテーブルの中におさまるかはチェックしてみてください。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう