なくてもOK!水切りかご代用アイデア5選

1. 拭いてすぐ食器棚へ!泉州南部織 タオルハンカチ

ITEM

クラボウ 凛竹使用! 【泉州南部織】タオルハンカチ

約24×24cm

¥180 ※2018年04月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

食器を洗ったらすぐ拭いて食器棚へ片付けられたら、常にキッチンをすっきりとさせておくことができると思いませんか。そのようなときは、速乾性のあるフキンで食器を拭きましょう。柔らかいタオルハンカチなので、肌にもやさしいです。吸水力もバツグンなので、たくさん食器を拭けますよ!

2. 洗ってすぐ使える!AW 珪藻土コースター

ITEM

AW 珪藻土コースター 速乾 吸水 抗菌 防カビ カップマット 4個セット

サイズ:100*100*9mm

¥1,059 ※2018年04月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

洗ったコップをすぐ使えるのが、この珪藻土コースター。吸水速乾性があるので、水滴がテーブルにつきません。抗菌加工や消臭対策もしているので、清潔に使い続けられます。5色セットなので、ドリンクやその日の気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

3. キッチンスタンドで代用!KEYUCA(ケユカ)シーズニングラック

ITEM

KEYUCA(ケユカ) シーズニングラック

サイズ:W265×D90×H255 mm
材 質:ステンレス、シリコン(緩衝材)

¥3,132〜 ※2018年04月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「わ水切りかごと他の機能を併用できるものを使ってみてはいかがでしょうか。たとえば、この2段式のシーズニングラック。上の段にはそのまま調味料を置き、下の段を食器の水切りとして活用することも可能ですよ!キッチンスペースの有効活用に役立ちます。

4. ランチョンマットにも!水切り吸水マット食器置き

ITEM

水切り吸水マット食器置きドライングマット水切りマット 食器乾燥マット吸水速乾 約39cm×30cm

【サイズ/材質】:39*30cm/マイクロファイバー

¥1,900 ※2018年04月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こんなかわいい柄の水切りマットなら、そのままランチョンマットにも使えそう!洗った食器を置くだけで吸水してくれるので、とても楽ちん。使わないときはたたんで仕舞えるので、いつもスッキリなキッチンをキープできますよ。環境にやさしく、手触りもバツグンな水切りマットです。

5. ラックとマットのW使い!Xドライ フォールディングディッシュラック

ITEM

Xドライ フォールディングディッシュラック

サイズ:(約)幅50.8×奥行36.8×高さ30cm
材質:スチール、ポリエステル

¥3,456〜 ※2018年04月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ディッシュラックと吸水マットを分けて使うことで、洗った食器の速乾性を高めます。デッィシュラックは食洗器で、吸水マットは洗濯機で洗えるので、清潔に使い続けることができます。最大で19枚のお皿、4本のワイングラスまたはマグカップなど、たっぷり収納できますよ!

水切りかごでスッキリ!いつも清潔なキッチンに

水切りかごの選び方とおすすめや代用アイテムを紹介してきましたが、いかがでしたか。毎日使うものだからこそ、お気に入りのものを選んで長く愛用したいですよね。シンプルなものを選んで雰囲気に馴染ませたいのか、ポップなものを選んでアクセントにしたいのか、好みもあるでしょう。 今回お伝えした「容量」「幅」「素材」「デザイン」をポイントに、自宅のキッチンに合わせた水切りかごを選んでみてくださいね♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ