ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

片手鍋の選び方

サイズや容量

少量のお味噌汁を作る方には12cmくらいのサイズがおすすめ。このサイズはミルクをあたためるのにはもちろん、大きすぎると水分の蒸発が早すぎて合わない、ソースや離乳食作りにも活躍します。14~16cmは食べきり量の副菜、18cmはインスタント麺の乾麺がすんなり入りますし、副菜の作り置きにもぴったり。20cm以上は生麺を茹でたり、主菜がメインになります。

IH対応か

特に賃貸暮らしの方におすすめしたいのが、IH対応の片手鍋です。持ち家でIH対応の方はもちろんですが、引っ越しがあるという方はどの家に移っても使えるIH対応のものを揃えておくと、買い替える必要がありませんよ。

素材にも注目!

ステンレス

サビにくくお手入れがかんたんなステンレスは、軽くて衝撃にも強いのが特徴です。熱伝導率は低めですが、丈夫で長持ちするので調理道具は使い込んでいきたいという方にはおすすめです。焦げ付きやすいので、煮込み料理には注意が必要です。

ホーロー

ホーロー鍋は蓄熱性が高いので、煮込み料理に最適です。中心からふっくら仕上がりますよ。焦げ付きにくい特徴もあるのがうれしいですね。ただし、重たいので片手鍋だと小さめのサイズがおすすめです。衝撃にも弱いので丁寧に扱いましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS