ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

パイ皿の種類と選び方

1. 使うほど味が出る「ブリキ製」

ITEM

パイ皿(外寸21×高さ1.5cm)

材質:ブリキ

¥172〜 ※2018年03月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

価格重視の方におすすめのブリキ製パイ皿。ほかの金属型に比べると価格が手頃で、使うほど味が出たり、美しい焼き色が付く特徴があります。 一方非常にサビやすい素材なので、お手入れは少し大変。柔らかいスポンジで洗ったら、オーブンの余熱で完全に乾燥させてから保管しましょう。しばらく放置していると湿気でサビつく可能性もあるので、ビニール袋に入れておくとGoodですよ!

2. 初心者でも使いやすい「アルミ製」

ITEM

パイ皿小(外寸18.7×高さ2cm)

材質:アルミ、フッ素樹脂2コート(スーパーコート加工)   

¥1,491〜 ※2018年03月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

アルミ製は非常に熱伝導率がいいので、焼き時間が調整しやすく、初心者でも扱いやすいというメリットがあります。軽い素材なので、強い衝撃には注意してくださいね。 お手入れも比較的簡単で、柔らかいスポンジで洗ったら、水気を拭き取ってしっかり乾燥させればOK。水分が残っているとサビの原因になるので気をつけましょう。

3. プレゼントに便利な「使い捨てタイプ」

ITEM

パイ皿50枚袋入(外寸22.8×1.7cm)

材質:アルミ

¥3,322〜 ※2018年03月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

同じアルミ製のパイ皿で、使い捨てのタイプもあります。金属製の焼き型で使い捨てタイプがあるのはアルミ素材のみ。1度使ったらおしまいですが、持ち運びが楽なのでプレゼント用に最適なんですよ♪ 使い捨てタイプなら収納場所を取ることもないので、頻繁にパイ作りをしない方におすすめです。

4. お手入れが楽な「ステンレス製」

ITEM

パイ皿 16cm

材質:ステンレス

¥350〜 ※2019年12月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

耐酸性が強くサビにくいので、お手入れのしやすさNo.1のステンレス製素材。 一方熱伝導率が悪く、型から外しにくいというデメリットを持ちます。しっかりと油を塗るか、オーブンシートを敷いてから生地を焼くといいですよ◎。また、使用前に空焼きをする必要はないのも魅力的。

5. 多様に使えておしゃれな「耐熱ガラス製」

ITEM

iwaki パイ皿L (外寸25×高さ3.8cm)

素材:耐熱ガラス

¥842〜 ※2018年03月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

オーブンで焼いたら、そのままテーブルに出せるおしゃれなガラス製素材。 金属製に比べると熱伝導率が劣りますが、何度か使用してオーブンとの相性に慣れれば大丈夫◎。耐熱ガラス製は水分に強いという特徴を持つので、食洗機でも洗えますし、電子レンジや蒸し器でも使うことができます。 ゼリーやムースなど、パイ以外のお菓子作りにも多様に使えるのが魅力ですね♪

パイ皿は100均で買える?

一部の100均ではパイ皿が購入できますが、ほかのケーキ型に比べると取り扱いは少ないようです。 もしパイ皿が見つからなかった場合は、アウトドア用のアルミ皿やアルミ製のグラタン皿、パウンドケーキ型などでも代用可能ですよ。使い捨てタイプのパイ皿と同じように使用することができますね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS