カフェスペースに

ひとり暮らしのミニキッチンではなかなか作ることのできないカフェスペース。上が平らになったキッチンワゴンを使えば、お気に入りのドリンクを並べたおしゃれなカフェスペースを作ることができます。お湯が湧いたらコーヒーや紅茶を入れて、ワゴンに乗せてそのままリビングまで運べます。

ひとり暮らしにおすすめのキッチン用品

100均で買えるワイヤーネット

突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせた手作りラックをご紹介しましたが、ワイヤーネットだけでも収納場所を増やすことができます。粘着式のフックに引っ掛けて、あとはS字フックを組み合わせるだけ。モノトーンで揃えているので、キッチンがごちゃごちゃせずすっきりとした印象です。

多様に使える突っ張り棒

こちらのキッチン、全部でいくつの突っ張り棒が隠れているかわかりますか?正解は、目隠し用のカーテンレール、タオルかけ、フライパンかけの合計3つ。とっても小さなミニキッチンですが、空間が最大限に活用されているのがわかります。

調理道具収納に便利なフック

ご紹介したアイデアの中にもたくさん出てきましたが、とにかく細かな収納にはフックが便利。こちらはマグネット式のフックですが、粘着式、引っ掛け式、S字型などたくさんの種類があります。ひとり暮らしのキッチンに限らず壁にはたくさんのツールが収納できるので、この機会にぜひ見直してみてくださいね。

作業スペースを邪魔しない水切り

ひとり暮らしのキッチンは、食材を切るための作業スペースがごくわずか。その貴重なスペースに水切りラックを置いてしまうと、それだけで調理場がいっぱいになってしまいます。なるべく場所を取らないために、折りたたみ式の水切りや、シンクの上をまたいでおける水切りなどがおすすめです。

引っ掛けられるまな板

頻繁に使うまな板は、引っ掛けられるタイプが便利。S字フックを組み合わせるだけで、水切り不要で簡単に収納できます。壁の空間を利用できるので、すっきり見えるのも嬉しいですよね!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ