扉の内側を活かして

すでにいっぱいと思っている収納スペースも、改めて見直してみればデッドスペースが発見できるかもしれません。こちらのように見落としがちな扉の内側も、専用のグッズを使えば調味料がたくさん収納できます。

突っ張り棚で収納スペースをDIY

棚と壁の空間に突っ張り棚を設置して、収納スペースを作っています。上にものを乗せるだけでなく、S字フックを使えばフライパンやマグカップも収納できる優れもの!壁を傷つけないので、賃貸でも安心して使用できます。

収納が足りなければキッチンワゴンで!

食材をたっぷりストック

ひとり暮らしでたくさん料理をする方は、調味料や食材の収納に困っている方が多いのではないでしょうか。既存の棚ではしまえる場所が限られるので、足りない場合はキッチンワゴンを取り入れるのがおすすめです。使わないときは棚の下に、調理中は作業台の横にキャスターで移動できるのがとっても便利なんですよ。

かさばる食器を整理整頓

プレート系のお皿はすっきり収納できても、お茶碗やマグカップだと場所をとってしまいますよね。引き出しの中に無理にしまおうとせず、かさばるものだけをキッチンワゴンに収納するというアイデアもあります。キッチンタオルでカバーしておけば、ホコリをかぶる心配もありません♪

家庭菜園で食費を節約!

キッチンワゴンを使って家庭菜園を楽しむアイデアも。ネギや三つ葉などの再生野菜を育てれば、ちょっとでも食費が節約できますね♪ キッチンワゴンを使うことのメリットは、日中日当たりの良い場所に移動できること。キッチンに緑があると、なんだか気持ちも癒されそうです。

ベジタブルストッカーに

キッチンワゴンにカゴを組み合わせて、ベジタブルストッカーにアレンジ。安いときにまとめ買いした野菜で冷蔵庫がパンパン!実家から送られてきた野菜でキッチンがグチャグチャ……なんてことがないように、常温で保存できる野菜はベジタブルストッカーを取り入れましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ