ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

スパイス好き大注目のカレー屋さん!

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
給食メニューの人気ランキングでは常にトップクラスという不動の地位を確立し、もはや我々日本人の国民食とも言える料理、「カレー」。インドカレー、タイカレー、欧風カレーと、カレーといっても千差万別で、さらにその中でもジャンルは多岐にわたる。
ここ最近は特にスパイスやハーブにこだわった店が目につくが、中でもスパイス好きが大注目する店がここ、2017年11月高円寺にオープンした『スパイスカレー青藍(せいらん)』である。

会社経営者から料理人へ。カレーイベントへの出店が店をもつきっかけに

オーナーの梶田健一さんは生粋のカレー好き。日頃プライベートでルーから作るカレーを作っていた。調理の上達は感じるものの、“満足”までのハードルは常に右肩上がり。気づけば、梶田さんのカレーを食べた仲間に「うまい! これなら店が出せるね」と言われるほどになっていた。 梶田さんはレシピサイト『クックパッド』に入社し、同社が急成長する頃に営業職で活躍。その後独立し、食とウェブに携わる会社を起業する。平日は自身の会社の業務をし、空いている週末に自身でカレーを振る舞うイベント「西早稲田サンデーカレーライス」を主催する、という二足のわらじを履くようになる。
イベントでは想像以上の方に「おいしい」と喜んでもらえるのが嬉しく、また知り合いから誘いをうけ、高田馬場にあるバルでカレーのランチ営業をするという経験を経て、ついに本業を“料理人”へと転身、高円寺に自身の店を出店した。

小麦粉、化学調味料、バターを使用しないヘルシーな特性ルー

カレーと聞くとどうしてもカロリーのことが頭にちらつく。しかし『スパイスカレー青藍』のカレーは油をほとんど使用していない。バターは一切使用せず、鶏肉から出る油でカレーに必要な油はまかなわれるという。また小麦粉と化学調味料も一切使用していないため糖質も低く、非常にヘルシー。油脂の使用を最小限に抑えた特製ルーのコクとうまみは、緑黄色野菜や昆布、カツオ、鶏ガラなどでとった“和だし”が生み出す。 そして一番の特徴は、“スパイス薫る”カレーである、ということだ。
オーダーが入ってから独自配合のホールスパイス(カルダモン、クミン、花椒、コリアンダーなど)を極少量のオイルで炒め、薫りをひきたてるのが秘訣だ。

スパイス薫るカレーと、山盛りの惣菜

看板メニューの「スパイシーチキンカレー定食」(写真上)。 ターメリックライスの上に、スパイス薫るカレールーと旬の野菜惣菜がたっぷり。
ルーはさらりとしたタイプで、南インドやスリランカなどのカレーに近く、非常に口当たりが良い。口に運ぶと、まず花椒がふわっと薫った後、混じり合ったスパイスが複雑に感じ取れる。ルーで煮込まれたチキンは、噛む必要がないほどやわらかい。 そして『スパイスカレー青藍』のカレーは決して辛すぎない。辛さではなく“スパイスの薫り”を楽しむカレーなのだ。
定食という名前をつけた理由は、野菜惣菜をたっぷりのせているから。 「イベントでは、お店を間借りして1人で切り盛りしなくてはいけなくて、持ち込める食器も最小限になります。結果皿は1枚になるので、付け合わせをカレーにのっけてみたんです。1皿で栄養バランスもよくなるし、このスタイル、アリだなと(笑)」と梶田さん。 まずはルーとライスを楽しみ、途中から野菜惣菜を崩しながら一緒に食べることで味の変化を楽しむことができるのも嬉しい。
もうひとつのオススメは『カレー定食2種盛(スパイシーチキンとポークジンジャーキーマ)』(写真上)。スパイシーチキンカレーとポークジンジャーキーマを両方楽しめるお得なセットである。ポークジンジャーキーマは豚のひき肉を生姜とスパイスで甘辛く仕上げた和風キーマカレーで、噛めば噛むほど口の中にうまみが広がり渡る。甘めに味付けされたキーマがピリ辛なスパイシーチキンと相互に作用し、その相性は抜群だ。

辛いだけがカレーじゃない

「スパイス」と聞くと「辛そう」と連想するのはある意味普通かもしれない。しかし『スパイスカレー青藍』のカレーはそこまで辛くない。“スパイシー”ではなく、“スパイスの薫り”のために、多種類のホールスパイスを使用しているのだ。そうすることでカレーに上品さと複雑さを兼ね備えた魅惑の薫りが宿る。この薫りを楽しむことこそがスパイスカレー青藍の楽しみ方なのだ。人気がますます右肩上がりになるのは間違いない。 【メニュー】 スパイシーチキンカレー定食 900円  カレー定食2種盛(スパイシーチキンとポークジンジャーキーマ)1,100円 ※平日限定 ※価格は全て税込

スパイスカレー青藍(せいらん)

住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-41-15 電話番号:03-5327-8342 営業時間:11:30~14:00、18:00~20:00 定休日:火曜・金曜 公式サイト:https://www.facebook.com/bulueplate/
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS