容量で選ぶ!魔法瓶水筒おすすめ人気ランキングTOP10

お花見、ピクニック、遠足、フェスなど、これからの暖かい季節には外で飲み物を飲むチャンスがたくさんありますね。今回は、今人気の魔法瓶水筒をランキング形式でお届けします♪

お気に入りの水筒を見つけたい!

暖かい季節になってきました。これからお花見や運動会、週末のピクニックなど何かと外でご飯を食べたりおいしいお茶を飲む機会も増えるのではないのでしょうか?保温性の高い容器なので、お茶やコーヒーを入れて持ち歩いたり、卵とお湯を一緒に入れてゆで卵を調理することもできます。また、氷を入れて冷たい飲み物を保冷することも可能です。子供たちが持ち歩ける小さなものから、家族や友人とのお出かけにも対応できる大きなサイズのものまで種類豊富な魔法瓶水筒。今回は、容量別に人気の魔法瓶水筒をご紹介します。

使いやすい水筒の選び方

使うシーンを思い浮かべて容量を選ぶ

魔法瓶水筒を選ぶ上で一番大事なのは容量の大きさです。どんな時に使うのか、誰が使うのか、どこへ持っていくのかなど、自分が使う場面を想像してみるといいかもしれません。子供が使ったり、スープやお味噌汁を入れて持ち運ぶ場合は300ml以下の水筒がおすすめです。これからの暖かい季節だと、飲み物を飲む機会も増えてもっと飲みたくなる場合も。その場合には350mlから500mlの容量の大きな水筒を選ぶといいでしょう。

自分のお気に入りのデザインを選ぶ

魔法瓶水筒はデザインも豊富です。子供向けの人気キャラクターやモチーフをあしらったものや女性が持ってうれしい洗練されたフォルムなど、選択肢の幅が広くあります。最近では、自分の名前を入れてマイボトルとして愛着持って使う人も多くいます。気に入ったデザインのものを選べると、大事に長く使おうと思うことができます。

使う人が飲みやすい飲み口を知ろう

容量やデザインとは少し違いますが、その使い心地に重点を置いて魔法瓶水筒を選ぶ人もいます。実際に使うものとして買う人がほとんどの水筒。口をそのままつけて飲むのか、コップを取り外してそこに注いで飲む飲み口のタイプがあります。飲み口が大きいとスープなど具の入った中身も簡単に取り出せます。小さい場合には、そのまま口をつけて飲めるメリットがあります。コップに注ぐタイプはみんなで出かけた時になど中身の飲み物をシェアすることができるのがいいですね。

いつでも清潔に保てるかは洗いやすさにかかっている

水筒を購入する時気になることのひとつに、洗いやすさもあるのではないのでしょうか?特に飲み口やパッキンの周りなどの凹凸部分は汚れがたまりやすくなっています。部品の取り外しやフタや飲み口の形状を見て、洗いやすいものを購入すると扱いやすく、長く使うことができます。

ミニサイズ!容量300ml以下のおすすめ魔法瓶水筒ランキング

1. パッキンなしで洗いやすい!「パール金属 水筒 300ml」

ITEM

パール金属 水筒 300ml 直飲み ステンレス スリム スタイル マグ ネイビー カフェマグ H-7622

シリコンの飲み口を優しくしてくれる魔法瓶水筒。フタにパッキンがないので、洗いやすいシンプルな構造で長く使うことができるデザインです。二重構造の魔法瓶で、外側の見た目もおしゃれなので男女問わず使えます。

¥1071〜 ※2018年3月8日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
安価ですが、魔法瓶の機能十分で長時間の保温も可能な魔法分水筒。フタにパッキンがないので、お茶の茶渋やコーヒーの跡がつかず、お手入れしやすいのがうれしいデザインです。
【仕様】
■サイズ:60×60×95mm
■容量:300ml
■重量:240g
■材質:内びん/ステンレス鋼、胴部/ステンレス鋼(焼付塗装)、ボトルリング/ABS樹脂(
クロムめっき)、フタ栓/ABS樹脂・ポリプロピレン、飲み口パッキン/シリコーンゴム
■備考:保温効力:64度以上(6時間)、85度以上(1時間)
■価格:1.071円

2. アイスストッパー付きで氷が邪魔にならない「パール金属 水筒 300ml 直飲み ステンレス」

ITEM

パール金属 水筒 300ml 直飲み ステンレス アイス ストッパー マグ ブロンズ カフェマグ H-7630

アイスストッパー付きの小さめサイズの魔法瓶水筒。もちろん保温もできるので、寒い季節にコーヒーやお茶など入れて持ち歩くのも邪魔にならない容量です。見た目もかわいく、仕事デスクの上でも重宝します。

¥854〜 ※2018年3月8日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS