ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

千切り簡単!キャベツピーラー

スライサーとの違い

キャベツを千切りにするとき、ピーラーやスライサーを使うと作業時間が短縮されるので使っている人も多いのではないのでしょうか?キャベツを少量から半玉を丸ごと千切りできてしまうアイテム。洗うのも簡単で保管にも場所をとらない点が、スライサーと違って使いやすいポイントです。

普通のピーラーで代用できる?

普通のピーラーとキャベツピーラーは、刃の長さや大きさ、刃の形、持ち手の形などが違ってきます。しかし、普通のピーラーが代用できないわけではありません。専用のものに比べて刃が短くて小さいと細かな千切りなってしまったりと弊害は生じます。お店のようなふわふわ、シャキシャキした千切りを手に入れるには、やはり専用のピーラーを使うのが一番です!

キャベツピーラーの種類と使い方

T字タイプ

一番見慣れた形のピーラーといえる、T字タイプのピーラー。お野菜の皮むきと同じ要領で、半分や4分の1にカットしたキャベツに滑らせるだけ!普通のピーラーとは違い、刃が長くて大きかったり、刃にギザギザとんがって葉をつかみやすくなっていることもあります。

スティックタイプ

こちらも同じ、葉の部分にピーラーを当てて滑らせるだけで千切りができます。コツは軽く刃を乗せて滑らせるだけで、手首にはあまり力を入れずにキャベツの千切りができますよ♪

定番はコレ!おすすめキャベツピーラー5選

1. 定番のキャベツピーラーはののじ「ののじ キャベツピーラー」

ITEM

ののじ キャベツピーラー ライト グリーンイエロー CBP-02GY

¥700

キャベツピーラーといえば、ののじのピーラー。こちらはピーラー中腹に指を入れる穴があり、そこに一本指を入れて下に引きおろすだけでとんかつ屋さんのキャベツの千切りができてしまう優れもの。薄くキレイに切れることで人気です。

※2018年3月10日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
力をそこまで使わずに、指一本の力でふわふわキャベツの千切りができてしまう「ののじ」のキャベツ専用ピーラー。切れ味がよく、刃を滑らせるようにしたい引くだけの簡単操作です。キザ刃でしっかり柔らかい葉をつかむので、お店のような繊細な千切りキャベツができるんですね!
【仕様】 ■サイズ:17.6×9.6×1.6cm ■重量:2.1g ■材質:刃/420J2ステンレス 本体/ポリプロピレン樹脂 ■カラー:グリーンイエロー ■価格:700円
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS