簡単!クリーニングのために用意するもの3つ

硫黄で黒ずんでしまった銀食器を、なんとご家庭にあるものでぴかぴかに戻せるんです。用意するものは鍋、塩、アルミ箔の3つ。準備出来たらさっそくクリーニングしてみましょう。

クリーニングの手順

1. 銀食器が浸かるくらいのお湯を鍋で沸騰 2. 塩をスプーン3杯くらい投入 3. アルミ箔を適当な大きさに千切って投入 4. クリーニングをしたい銀食器を投入し5分ほど沸騰 以上で完成です。取り出してみるとぴかぴかになった銀食器と、黒ずんだアルミ箔が出てくるマジックのような出来事!銀食器やアルミ箔を取り出す際は大変熱くなっているので、やけどに十分注意してください。

おすすめの銀食器ブランド5選

1. イギリス王室御用達ブランド「マッピン&ウェッブ(Mappin & Webb)」

ITEM

シルバープレート ティースプーン6本&シュガートング ケース入りセット

¥18,000

モダンなデザインのスプーンセット。使いやすい小ぶりなサイズ感なので、デザートスプーンとしても便利な一品となっています。

※2018年3月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「マッピン&ウェッブ」の歴史は古く、古くはビクトリア王朝時代からイギリス王室で愛用されてきました。由緒正しき名門ブランドで、アンティーク品としての価値も高め!製品の特徴としては、全てが銀でできたスターリングシルバーか、99.99%の銀で重厚にメッキ化した「マッピンプレート」と呼ばれる独自の仕上げがポイントです。特にスプーンを使用すると分かりやすく、口当たりがなめらかに感じられます。

2. フランスの老舗ブランド「エルキューイ(Ercuis)」

ITEM

ワイン デキャンティング・クレイドル

¥49,680

デキャンティング・クレイドルを訳すと「上澄みを取る揺りかご」。4本の柱構造にハンドルのついたパーツがついており、ワインをゆっくりと、揺りかごのように優しく傾けて注ぐために作られました。ホテルでも多数使用されています。

※2018年3月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「エルキューイ」という名前の元は、フランスのパリ北部にある地名です。エルキューイ地方で創業したブランド「エルキューイ」はその後、高級ホテル業界への供給社として地位を確立。フランスが原点の老舗として、現在もシンプルで使いやすいデザインを多く取り扱っています。

3. フランス宝石商が創業者「クリストフル(Christofle)」

ITEM

クリストフル Mood カトラリーセット 24ピース

¥132,300

卵型のケースがスタイリッシュでモダンなデザイン。テーブルの上にそのまま置くだけで、ぱっと輝く高級感溢れる素敵な空間になります。フォーク・ナイフ・スプーンなどがそろった24ピースセットで、新築祝いや贈り物にもピッタリなひと品。

※2018年3月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
フランスで宝石商を営んでいたクリストフルが創業者のブランドで、銀製品も宝石のように美しいラグジュアリーな雰囲気が特徴です。現在もホテルや、エレガンスな空間のレストランで数多く使用されています。フォークやナイフといった洋食器以外では、銀で作られたお箸も販売しています。

4. デザイン性高き美しさ「ピュイフォルカ(PUIFORCAT)」

ITEM

フラットウェア シルバープレート

¥26,950

スターリングシルバーの輝く光沢と、高いデザイン性が美しいひと品。持ち手部分の繊細なアカンサス模様が、華やかでエレガンスなひとときを演出してくれます。

※2019年12月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらもフランスの老舗で、スターリングシルバーのカトラリーは全て職人の手作りというこだわりあるブランド。17~19世紀の時代を再現した繊細なデザインが特徴で、飾っておきたいほどの美しさからシルバーウェア界で根強いファンがいます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ